けいけん豊富な毎日

ダイヤモンドS各馬分析1(考察①)  担【けん♂】

ダイヤモンドS(東京3400m:GⅢ)の出走登録馬について
各馬分析を始めていきたいと思います。
長距離ですでに実績のある馬に、初挑戦の馬・・・どんな展開になるのか
楽しみです(^^)g

アドバンテージ】牡4 エリシオ×(Blushing Groom)
先行して押し切る競馬、ここ2走は+12kg、+10kgと馬体を増やし続けており
さすがに太りすぎた模様(涙)。末脚が鈍ってしまっています。
2600mまでの勝ち星はありますが3400mは初挑戦。
果たしてどうなるでしょうか?
2400mでの勝ち時計は重賞クラスと比較してかなり見劣るので
能力自体にもまだ疑問があります。
少なくとも馬体減で出てきてもらいたいですね。

アドマイヤフジ】牡5 アドマイヤベガ×(Be My Guest)
休み明けの有馬記念に▲8kgで出走し8着、続く日経新春杯は
連覇が期待されていましたが6着・・と復帰前の力が戻っていないことを
露呈してしまいました。明らかに末脚のキレがなくなっていますね。
菊花賞では上位馬に末脚で見劣っていますので距離延長が
いい方向に出るかは・・・微妙。力関係の見極めが非常に難しい馬ですね。

アマノブレイブリー】牡7 ジョリーズヘイロー×(アローエクスプレス)
1000mでデビューして1200mの未勝利戦で勝ち上がり、
その後距離を少しずつ伸ばして2000mで勝ち・・3000mで勝ち・・
今度は距離短縮。昨年5月には1600mで久しぶりに勝ち星をあげました。
その後また距離を延長していますが掲示板もない状態
3400mは・・・厳しいのではないでしょうか。
この馬の適性距離は何mなのか?首をひねってしまいます(笑)

エリモエクスパイア】牡4 スキャターザゴールド×(コマンダーインチーフ)
徐々に力をつけてきていますね。神戸新聞杯辺りではまだ格上に通用する器では
ありませんでしたが微妙に本格化傾向。ある程度の距離を走っても末脚を使える
スタミナがあります
。坂をそれほど苦にしない上に直線が長いほうが
脚質に合うので東京対応力もありそうです。

グラスポジション】牡8 リアルシャダイ×(リズム)
年末のステイヤーズSで4着に入りましたが勝ち馬に7馬身離される完敗です。
後方からの馬ですが末脚が鈍く、他馬の脚が鈍ることを前提にしなければ
上位進出はありません。年齢的にも復活は・・・期待しにくいですね。

コスモプロデュース】牡5 ペンタイア×(ノーアテンション)
500万下、1000万下と連勝しましたが1600万下のオリオンSでは
10着と完敗。まだ重賞で通用するレベルではなさそうです。
後方から徐々に押し上げるような競馬をした安藤勝騎手と後方から
脚を伸ばそうとした柴田善騎手
の騎乗方法の違い、というのもあったかも
しれませんね(^^;

セレスステーラー】牡4 グラスワンダー×(Halo)
のるかそるか~思い入れ競馬~」のtemporalisさん注目の馬。
コチラの記事をどうぞ(^^)
先行気味からまくっていくスタイルで安定感がありますね。
グラスワンダー産駒は切れ味の持続性に少々欠けるので東京適性は低め
脚を伸ばしてどこまで粘れるか?1000万下を勝ち上がったばかりで
重賞初挑戦、ハードルは高いですが頑張ってもらいたいものです。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

毎度ご紹介ありがとうございます。
確かにグラス産駒は切れ味の持続性に欠けたところがありますね。
セレスステーラーも睦月賞では力強く抜け出したものの最後はワンマンシャチョウにやや詰め寄られましたからね。
東京では4コーナーでまくると最後まで持たないでしょうからどこでスパートするかがポイントになりそうです。
3400Mのハンデ戦というのは本当に予測がつきません。
けん♂さんの分析からするとエリモエクスパイアが面白そうですね。

temporalis | URL | 2007年02月07日(Wed)23:46 [EDIT]


グラス産駒は他の馬もそうですが
騎手によって大きく成績が変わる傾向がありそうです。
特長をつかんで乗ってくれたら見せ場のある馬が
多いと思うんですけどね(^^;
セレステーラーにも頑張ってもらいたいものです(^^)/

けん♂ | URL | 2007年02月08日(Thu)00:00 [EDIT]


 

トラックバック