けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェアリーS(各馬短評1)  担【けん♂】

冬眠暁を覚えず・・・年末年始の仕事の疲れが抜けず、ちょっとバテ気味(>_<)
寝過せるだけの時間が取れているのは助かりますが、考察がなかなか
リズムに乗りません。

フェアリーS(中山1600m)についても、ざっと内容を見ておきたいと思います。
ポイントとしてはスタミナ重視のレースになりがち、ということがまず1点。
1600m以上のレース実績(東京のみ1400mも可)が必要になります。

あとは・・・関西からの遠征馬に注目。あえてここを狙ってくるのは
クラシックへの色気からなんとしても賞金を積み上げたいという意欲の表れだと
考えられます。まぁジェルミナルのように賭けに勝つ場合もテイラーバートンのように
賭けに負けてリズムを崩すパターンもあるので諸刃の剣ですが・・・

アンジュデュバン】牝3 54.0 (美浦) ハーツクライ×(マイネルラヴ)
1800mばかりで5戦。このところはスローペースもあって安定して
先行するスタイルになっています。末脚はかなり鈍く、ペースアップに
不安がありますが、馬場次第で前での粘り込みも・・・。 ▲

イントロダクション】牝3 54.0 (美浦) デュランダル×(End Sweep)
3着→2着→1着と徐々に着順を上げて前走で勝ち上がりましたが
不良馬場だっただけに参考にはしにくい感じ。前々走の中山1600mでは
好位から差し込んで惜しい競馬になっており、適性はありそう。▲or〇

エクセレントビュー】牝3 54.0 (美浦) チチカステナンゴ×(アグネスタキオン)
かなりのスローペースながら急加速ポイントもないズルッとした展開の
新馬戦で中段から押し上げて差し切り勝ち。前の馬の脚が鈍ったレベルの低い
展開だっただけに評価は微妙。決め脚もそこまでのものでは・・・ ▲

オメガハートロック】牝3 54.0 (美浦) ネオユニヴァース×(エルコンドルパサー)
スローからの瞬発力勝負となった東京1600mの新馬戦で好位から
押し切って新馬勝ち。末脚のキレでは後続に上回られており、
位置取りとタイミングが大きかった感じ。血統的に中山はプラス材料に
なりますが、過剰な評価は危険かも。▲or〇

グリサージュ】牝3 54.0 (美浦) クロフネ×(バブルガムフェロー)
超スローの新馬戦では先行して押し切りましたが、ペースが上がった
朝日杯FSでは後方からになってしまい9着まで。
牡馬相手に健闘した点は評価出来ますが、差し優勢の展開だっただけに
過剰な期待はしにくい感じ。ペースが緩んで前に行ければ・・・ ▲or〇

ケンタッキーミント】牝3 54.0 (美浦) ゼンノロブロイ×(Unbridled’s Song)
つわぶき賞では後方から届かず6着まで。前々走の東京1400mでは
後方から鋭く抜けて勝ち上がりましたが、その前の中山1600mでは
好位から前と脚色が同じになってしまっており、血統的な適性からも
広いコース向き、という印象。×

シーロア】牝3 54.0 (美浦) ダイワメジャー×(Silver Deputy)
超絶スローペースを2番手から押し切って3戦目にして勝ち上がり。
休養を挟んで+24kgと大幅に増量しており、叩いての上積みには
期待出来そうですが、レース内容としては低調。成長分への期待を
加味しても高くは評価出来ません。 ×or▲

スイートガーデン】牝3 54.0 (美浦) ブラックタイド×(パラダイスクリーク)
超スローとなった東京1600mの新馬戦で逃げ切り勝ち。
その後は関西に遠征して重賞に挑戦しましたが、18着、13着と
結果が出せていません。輸送なしでどこまで出来るかは未知数ですが
内容的には負け過ぎの感。×

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。