けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンザン記念(斤量負担分析)  担【けん♂】

シンザン記念(京都1600m)についてもう少し見ておきたいと思います。

実質斤量負担
シンザン記念斤量負担

今回の出走馬の平均馬体重(前走ベース)は・・・473kg

成長途上の3歳馬のレースということで、まだ小柄な馬も多く
おおよそ例年並みの平均馬体重となっています。

体重による傾向はあまりこれといってありませんが、
450kgを切るようだと相当厳しい状況。

・シセイカスガ
・カクシアジ


この2頭のように420kgを切るような小型馬はこれまでのところ
好走はありません。
・・・まぁここまで極端な馬は出走自体がほとんどないわけですが(爆)

実質斤量負担では12.5%が好走の上限ライン。

あくまで結果的な傾向ですが・・・11.0%を切るような
500kg以上の大型馬、もしくは460kg程度(12.0~12.5%)の
少し小柄な馬に好走率は二極化しています。

今回のメンバーでは・・・

・ワイレアワヒネ 10.9%
・カシノヒカル  12.4%


この2頭が該当。

ワイレアワヒネは新馬戦のレベルが低調だっただけに評価は難しいですが
4馬身差の圧勝をしているのでまだ底は見せていない印象。
カシノヒカルは・・・馬体重増で成長分に期待でしょうか。

牡馬は軒並み斤量増になっているだけにあえて牝馬狙い、というのも
面白いかもしれませんね(^^;

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。