けいけん豊富な毎日

中山金杯(各馬分析2)  担【けん♂】

中山金杯(中山2000m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

ゼロス】牡5 54.0 (栗東) キングカメハメハ×(サンデーサイレンス)
若駒Sでワールドエースを破って注目されましたが、クラシックでは大敗連敗。
先行力を活かすスタイルに変わりはなく、上手くスローでまとめて
後半勝負に持ち込めればしぶとく脚を残してきます。
今回は他の先行馬との兼ね合いでしょうか。上手く展開を作れたら
チャンスがありそうですが、余程低レベルのレースを作らないと厳しいかも。

ディサイファ】牡5 55.0 (美浦) ディープインパクト×(Dubai Millennium)
一時はダートに使うなどなかなか芽が出ない感じでしたが、昨春に本格化。
前で安定して競馬が出来るようになって成績が一気に良化しました。
四位騎手と手が合ったのも大きかった印象です。
重賞初挑戦となった前走は後方からになってしまい、4着に敗れていますが
いつもどおりの競馬が出来れば十分にチャンスがありそうです。
とはいえ、相手関係に恵まれてきた点には注意。過信は禁物かと。

ドリームヒーロー】牡7 52.0 (栗東) マーベラスサンデー×(ウォーニング)
このところの好走は全てハナを切って自分のペースで行けた時。
勝ち切ったレースは上がりが極端に掛かっており、馬場状態にも
注文が入らないと厳しい感じです。
馬格がないので斤量に恵まれたのはプラスになりそうですが、内容的には
重賞でどうこう、というものではないので力比べになれば厳しそう。
週末が雨でドロドロになるとかなら・・・

マックスドリーム】せ7 54.0 (栗東) アドマイヤマックス×(パラダイスクリーク)
適性で見れば重複登録している京都金杯の方だと思いますが、向こうでは除外対象。
後方からの脚質で中山へは初出走になりますが、合うタイプではなさそう。
2000mでも2着がありますが、本質的には距離も微妙だと思われます。
このところは末脚のキレも足りておらず、ここでは厳しそう。

ミッキーパンプキン】牡8 55.0 (栗東) ダンスインザダーク×(Alzao)
古馬重賞では12年の函館記念3着が最高位。デビュー当時に
お化けカボチャ、とかいって期待していた馬ですが、残念ながら大成せず
8歳になてしまいました。好走しているときは基本的に前につけて
レースが出来ており、自分のレースが出来れば相手関係低下で
チャンスがあってもおかしくなさそう。ここ3戦は後方からに
なっているので、まずはスタートを決められるか・・・。

メイショウサミット】牡8 53.0 (栗東) シンボリクリスエス×(Dixieland Band)
先行力を活かして昨夏に1600万下を勝ちましたが、小倉記念では13着、
オールカマーでは15着と壁にぶつかってしまいました。
前走はダートを使って結果が出ず、改めて芝に戻してということになりますが、
重賞で上昇を期待する材料は不足。本質的には距離も2000mは少し
長いかもしれません。余程前優勢の流れになったとしたら・・・

ユニバーサルバンク】牡6 56.0 (栗東) ネオユニヴァース×(ドクターデヴィアス)
12年のオールカマーで3着に続いて、前走のステイヤーズSで2着と
中山重賞で好走。血統的にも中山はベスト、距離も合うと思われます。
実績は出せていませんが、戦ってきた相手関係を考えるとここでは
一枚上の存在になりそう。チャンスをものにして貰いたいですね。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック