けいけん豊富な毎日

有馬記念回顧    担【けん♂】

年末の大一番、有馬記念が行われました。

1.6倍とダントツの人気を背負ったオルフェーヴルはこれが最後のレース。
凱旋門賞での騎乗が叶わなかった池添騎手を再び背に、どういう締め括りを
見せるのか・・・。

予想は→ココ

結果は・・・

1着◎オルフェーヴル   2.32.3  上がり36.0
2着 ウインバリアシオン   8馬身\(◎o◎)/!
3着▲ゴールドシップ

6着×カレンミロティック
15〇ダノンバラード

※全着順は→ココ

好スタートを切ったラブリーデイを制してルルーシュが先頭へ。
内からジワッとカレンミロティック、ダノンバラードが続き、
その後ろにナカヤマナイトも早めの競馬。

少し離れてデスペラード、アドマイヤラクティ、トーセンジョーダン、
内にウインバリアシオン。

中段にタマモベストプレイ、トゥザグローリー、外にゴールドシップ。
それを見ながらオルフェーヴル。

ヴェルデグリーン、ラブイズブーシェが後方に控え、離れた最後方に
テイエムイナズマという態勢。

6.9-11.1-12.3-11.6-12.4-12.8-12.4-12.0-11.8-12.3-12.6-11.8-12.3
前半1000m 60.7
中間500m  30.8
後半1000m 60.8

有馬記念ラップ比較:後半1800m】
有馬ペース

昨年及び、01年からの平均と比較してみました。

上り坂で大きく緩んで13秒台(11年は14秒台!)のラップが
出ることもあるレースですが、今年はそこまで緩めず、
最も緩んだところで12.8。

下り坂に入ってグーッと早目に加速を開始しているのが特徴になっています。

この時点でもまだ先は長いわけで、通常少し脚をためつつ下るのが
例年のパターンですが、中山で逃げることに不慣れな福永騎手が
引っ張ったことが影響している感じです。

それにしても消耗し過ぎな気もしますが・・・3コーナーですでに
脚が上がって急激にペースダウン

隊列がグッと縮まって密集状態になってしまいました。
先頭を走っていたルルーシュは馬群に沈んでしまい、替わって
カレンミロティックが先頭へ。

4コーナー手前ですでに外を上がって仕掛けて行ったオルフェーヴル
なんと直線入り口で先頭に立ち、さらに後続を離す一方で
あっという間に独走態勢!

2馬身、3馬身、5馬身・・・外を回してウインバリアシオン、
ゴールドシップも進出しましたが、脚色の違いは明白。

まさしく異次元の強さでオルフェーヴルが圧勝!引退レースに花を添えました。

2着には同期のライバル、ウインバリアシオンが入り、
復活を期したゴールドシップも3着と健闘。
バトンタッチ、というには厳し過ぎる先輩の洗礼を受けた感じかもしれません。

レース後のコメント
1着 オルフェーヴル 池添謙一騎手
レース後、引き上げてきて手を上げたのはファンにオルフェーヴルが1番なんだと
アピールしたくてやりました。池添コールよりもオルフェコールをお願いします。
スタートして、他の馬や位置取りは考えず、オルフェーヴルと呼吸を合わせて、
リズムよく走らせることに専念しました。少し行きたがりましたが、
ゴールドシップの後ろで我慢してくれと思いながらレースを進めました。
少し動くのが早いかなとは思いましたが、手応えは十分で、後ろからは差されないと思って
4コーナーを回りました。東日本大震災の年に3冠馬になったオルフェーヴルは
多くの人に元気を与えたと思います。これまでの名馬と同じく、
オルフェーヴルのことを語り継いで欲しいと思います。オルフェーヴル、お疲れ様でした。
オルフェーヴルは世界一強い馬だと思っています


2着 ウインバリアシオン 岩田康誠騎手
少し前に出して行った分、多少は力んでいましたが、すぐに折り合ってくれました。
相手が悪かったですが、よく走ってくれました。この馬自身も能力があるということが
わかりました


松永昌博調教師のコメント
完全に復調しています。よく立ち直ってくれました。このあとは春の天皇賞を
目指すことになると思います。来年に向けてがんばっていきます


3着 ゴールドシップ R.ムーア騎手
すごくよく走っていますが、勝った馬が強すぎました。それに今日の馬場は
合っていなかったようです。次は走ってくると思います


4着 ラブイズブーシェ 武豊騎手
このメンバーでこれだけ走れましたし、来年は重賞へ手が届くと思います

5着 タマモベストプレイ 和田竜二騎手
流れに乗れて手応えもあり、『おっ』と思ったのですが......。体が絞れて具合もよく、
このメンバーでも走ってくれましたし、来年も楽しみです


6着 カレンミロティック 戸崎圭太騎手
3~4コーナーの馬場が荒れていた分、脚をとられてしまいました

7着 デスペラード 横山典弘騎手
直線で前が開いていればと思うところもありましたが、それも競馬です。
馬はがんばってくれました


8着 トゥザグローリー C.ルメール騎手
道中はスムーズでしたが、追い出すときに前の馬が早めに下がってきて、
スペースがなくなりました


9着 テイエムイナズマ M.デムーロ騎手
スタートで遅れてしまい、後ろからの競馬になりました。折り合いが難しいと
聞いていましたが、スムーズに運べました。このメンバーでよくがんばってくれました


10着 ヴェルデグリーン 田辺裕信騎手
走りますね、勝ち馬は。ポジション的にも勝ち馬をマークできて、出方を見ていました。
しかし、勝ち馬とは手応えの差だと思います。距離はもちそうですが、
この相手でやっていくにはさらにパワーアップしてもらいたいです。状態はよかったです。
また来年、いい競馬をしてもらいたいです


11着 アドマイヤラクティ C.ウィリアムズ騎手
それぞれのコーナーの馬場が悪く、脚をとられていました。徐々に3番手あたりに
つけていくつもりが、その影響でついていけなくなりました。さらに4コーナーで狭くなり、
下がってしまいました。最後はもう1回伸びているだけに、スムーズなら5、6着は
あったかもしれません。直線だけで脚を使っても無理でした


12着 ラブリーデイ 蛯名正義騎手
のめっていました。3~4コーナーでドンという感じで躓いて、バランスが
とれなくなってしまいました。しかし、これからの馬ですから、
これがいい経験になればいいと思います


13着 ナカヤマナイト 柴田善臣騎手
具合もよかったですし、道中も折り合いがつきましたが、距離が長かったです

14着 トーセンジョーダン 内田博幸騎手
中団から徐々に出していくレースをしましたが、時計のかかる重い馬場が
向かなかったのかもしれません


16着 ルルーシュ 福永祐一騎手
2番手から他馬に交わされて走りがバラバラになってしまい、無理をしませんでした。
距離も長いかもしれません


結果的には完全に前崩れのレース。
ハイペース・・・ではなかったと思いますが、下り坂でのペースアップが
思いのほか消耗に繋がってしまった感じです。

ペースを作ったのが川田騎手や戸崎騎手だったらどうだったのか・・・
なんてのは考えても仕方のないところ、これも競馬だと思います。

引退レースの花道を飾るどころか、まさに独壇場・・・
何年かあとに今年の有馬記念を振り返ってもオルフェーヴルのことしか
思い出せない
かもしれません(爆)
それくらい強烈に印象に残る勝ちっぷり。
うーん、引退が勿体ない気がしてきますね。

正直、この有馬記念で勝とうが負けようがオルフェーヴルの種牡馬としての
価値は変わらない、と思っていましたが、最後に来てのこのパフォーマンスは
生産界にも改めて大きなインパクトを与えたのではないでしょうか。

一体どんな産駒を送り出してくれるのか、2年後が本当に楽しみです♪

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

涙が出ました

いや~感動しました。
早々と先頭に立った時はヤバいと思いましたが、いや~強い!
同期という事もあり最終的には買い足しで三連単当てましたが3千円赤字です(笑)
ただ、大好きだったナリタブライアンと超大好きなヒシアマゾンの有馬記念を思い出しました←ちょっと違いますが(笑)
有馬記念は、やっぱりドラマがあります。
マキバオーが初めてにして最後、カスケードに勝ったのも有馬記念!
いや~本当に感動!
競馬を毛嫌いし、馬鹿にする方もいますが、競走馬が好きで良かった!

また、来年も宜しくお願いします。

ぷくぷくぱんだ | URL | 2013年12月22日(Sun)21:44 [EDIT]


今週も楽しく拝見させていただきました!
馬券は取れました!ありがとうございます☆

ウインバリアシオンは天皇賞春ですかね?期待が持てる気がします!

オルフェには色々な夢を見させていただきました!凱旋門はオルフェの子が!ってまた盛り上がりますね☆

来年も楽しく競馬やってきます!よろしくお願い致します!

ラガー | URL | 2013年12月22日(Sun)22:32 [EDIT]


感動…

 けんさん

 こんばんは、いつも予想お疲れ様です。
もう、ホント感動、感激。オル君強かった~馬券はなんとか当たって、少しだけですがプラスでした。
ビックリしたのは、4、5着馬。4歳は2頭出てましたが、3,4着でしたね?歳で考察するのはこのレースでは有効かもしれません。後から気が付いたんですが、ラブイズの母父てマックだったんですね?3頭の母父マックが出ていて、1、3、4着。実はマックの血を持ってるからグランプリに強いでしょか?(笑)

マロン | URL | 2013年12月22日(Sun)23:09 [EDIT]


>ぷくぷくぱんださん
ひとまず的中おめでとうございます。
凄い衝撃的な結末でしたね。
私も痺れ捲くりました。

おっしゃるとおり、年末のグランプリは
ドラマちっくな結末が似合います。

変に考えるより、オルフェーヴルと因縁がある
馬を選べばよかったのかも?!

こちらこそ来年もどうぞよろしくお願いいたします♪

けん♂ | URL | 2013年12月23日(Mon)04:05 [EDIT]


>ラガーさん
的中おめでとうございます&ありがとうございます。

ウインバリアシオンは天皇賞春で是非狙いたいですね。
まずは無事にいって貰いたいものです。

ディープインパクトの仔が凱旋門賞に挑戦、
という夢は実現したわけで、オルフェーヴルの仔も
是非リベンジの舞台へ!楽しみです。

来年も是非一緒に楽しんでいきましょう!

けん♂ | URL | 2013年12月23日(Mon)04:05 [EDIT]


>マロンさん
的中おめでとうございます!

感動の結末でしたね~
なんかスッキリしました(^^)g

年齢の壁はこのレースではかなり有効。
若い馬から選んで実績でふるい落とせば
それでOKかもしれません。

メジロマックイーンの血!
今更ですが偉大な馬でしたね。
後継種牡馬がいないのは本当に残念です。
こういう希少で貴重な血は実績だけでなく
しっかりと残していくのも競馬界の役割なのでは
ないかとつくづく思います・・・。

けん♂ | URL | 2013年12月23日(Mon)04:06 [EDIT]


こんにちは

オルフェーブル強かったですね。中山の力のいる馬場をものともせず一頭だけ次元が違いました。ロンシャン競馬場の馬場に適応したことも結果的にプラスになったのでは。

これで種牡馬入りですが、今年は他にもロードカナロア、エイシンフラッシュ、ハードスパン、ノヴェリストなど豪華なメンバーが種牡馬入りしますね。2年後のPOGが楽しみです。

オルフェーブルの血統を改めて見てみると、パーソロンやファイントップなど異系統の血を含みつつ和合性の高いノーザンテーストのクロスがあるサンデーサイレンスの孫。
こういう血統構成は自分の好みですね。ステイゴールドの良い後継種牡馬になりそう。

名無し | URL | 2013年12月23日(Mon)15:43 [EDIT]


>名無しさん
種牡馬も徐々に多彩になってきている感じで
これからの分岐、個性の違いを見るのが
楽しみです。

オルフェーヴルは肌馬にも恵まれそうですし
ディープインパクトと双璧になってくれるかも。

ドリームジャーニーは欧州に種牡馬移籍、とか
ないですかね・・・なんか強烈な光の影に
なってしまいそうで・・・(>_<)

けん♂ | URL | 2013年12月24日(Tue)12:05 [EDIT]


確かにサンデーサイレンス系の血統は飽和状態なので、ドリームジャーニーなんか欧州に輸出しても良いと思います。

去年種牡馬入りしたディーププリランテやトーセンホマレボシなんかも本当に必要だったのでしょうか?

名無し | URL | 2013年12月24日(Tue)20:27 [EDIT]


>名無しさん
SS系も分岐が進むことで血が薄められ、
飽和状態ながらもSSのクロス、という馬が
出てくる時代になりそうです。

種牡馬になった馬は突然若くして亡くなることも
あるので、良血後継種牡馬を用意しておく
必要はあると思いますが、ディープインパクトが
元気なのに、あえてトーセンホマレボシや
ディープブリランテをつけようとは思わないのでは
ないかと思いますね(^^;
配合牝馬に恵まれない馬が出てきてしまうのは
残念な気がします。

欧州移籍を含めて色々と考えてあげて欲しい
ですよね・・・

けん♂ | URL | 2013年12月24日(Tue)22:38 [EDIT]


 

トラックバック