けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日杯FS(中間整理)  担【けん♂】

朝日杯FS(中山1600m)についてざっと見てきたところで頭を整理。

人気を背負いそうなプレイアンドリアル、アトムはたしかに
レース映像を観ていても能力は感じられましたが・・・
どちらも負けているだけに、イマイチぱっとしない(失礼^^;)
気がしました。

プレイアンドリアルは最後まで踏ん張りが利いていない感じ。
まぁレコード決着のレースなんで仕方ない面はありますが・・・

アトムは力強く見える割にホウライアキコをかわし切れなかったのは
やはり評価を落とす材料になりそうです。

どちらもSS系、という点も微妙。
そもそも朝日杯FSではドリームジャーニー以外SS系の馬が
勝っていない
んですよね・・・。
もちろん、今年が例外になるかもしれませんが
過去の傾向を考えると余程の馬じゃないと先頭では買いにくいのも
たしかかと。

SS系産駒の中では・・・ウインフルブルームのレース内容が
かなり良く見えました。
千両賞の勝ちっぷりも素晴らしかったですが、負けた野路菊Sも
馬の間をこじ開けて進出しており、負けて強しの内容。
クビが低い力強いフォームも中山には合いそうです。

ダートの大物アジアエクスプレスは扱いが難しいですが、
体型的にもレース内容を見ても直線が長いコース向きだと
思われるのでここでは微妙かも。
今回はかなり前が速くなりそうなので後手を踏んでの末脚勝負で
どこまで伸びてこれるか・・・という感じになりそうです。

牝馬のベルカントは・・・いかにも短距離馬という走りっぷり。
距離延長がプラスに働くとは考えにくく、今回は馬体の出来も
イマイチに見えました。
武豊騎手の意欲は感じられるものの、これで勝たれたら
素直に「怪物だった」と頭を下げるしかないかも(笑)

スプリンターズSで結果が出ていないことからわかるとおり、
そもそもサクラバクシンオー産駒って中山は合わないんですよね。
グランプリボスは距離適性を含めて例外的な存在だと思います。

その意味ではショウナンカンプ産駒の2頭も狙いにくいわけですが
ショウナンワダチはスローとはいえマイル戦で勝ってきていますし、
ショウナンアチーヴは東京1400mの持ち時計が優秀。
レース映像を観た感じではどちらも使える脚が短く、
本質的には内回り、小回り向きな印象なので中山は問題なさそうです。
上手く好位辺りに押し上げてレースが出来れば・・・

マイネルディアベルは思った以上に強い内容でくるみ賞を完勝。
ただ・・・最後に急坂がある中山は微妙かもしれません。
前々で流れに乗ってどこまで粘れるか、という感じになりそうです。

最も強く見えたのはウインフルブルーム、SS系を先頭で買いたくないなら
ショウナンカンプ産駒に期待・・・ってのも違和感ありますね(爆)
うーん、悩ましい・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。