けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日杯FS(各馬分析2)   担【けん♂】

朝日杯FS(中山1600m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

ショウナンアチーヴ】牡2 55.0 (美浦) ショウナンカンプ×(サンデーサイレンス)
距離延長となったくるみ賞では中段から鋭く差し込んだものの、
前を残してしまい、3着に敗れましたが、前走のからまつ賞では
ハイペースを差し切って完勝。勝ち時計は今年の京王杯2歳Sを大幅に
上回っており、年が違うので単純比較は出来ないものの、
エイシンアポロンが制した京王杯2歳Sと同タイム、グランプリボスが
勝った年とは0.2秒差と時計の面では過去にここで結果を出した馬に
引けを取っていない点は評価出来そうです。
血統的には短距離向きだと思いますが、先ほどのグランプリボス同様、
母系の血が活きればマイルまでは許容範囲になるかも。

ショウナンワダチ】牡2 55.0 (美浦) ショウナンカンプ×(クロフネ)
新馬戦、ベゴニア賞と東京マイルで連勝。ただしどちらもかなりの
スローペース。単純比較は出来ませんが昨年のロゴタイプが勝った
ベゴニア賞とは1.9秒差とまるで内容は別だと考えられます。
強引に後方から差し切った末脚は評価できるものの、
レベル的には微妙。血統的には短距離向きなので、ハイペースになった
場合に脚が使えるのかどうかは今回が試金石。

ダイチトゥルース】牡2 55.0 (美浦) ノボジャック×(Forty Niner)
芝でデビューし、10着、11着と大敗連敗。
ダートに転向して3戦目に勝ち上がると、続くプラタナス賞を連勝。
距離延長で結果を出した点は評価出来ますが、戦績から見れば
明らかにダート向き。前走の末脚は見事だっただけに
改めて芝に挑戦、というのもわからなくもないですが
GⅠでどうこう出来ると考えるのは酷だと思われます。

ツィンクルソード】牡2 55.0 (栗東) デュランダル×(Lyphard)
重馬場となったかえで賞では中段から伸び切れず前を残して5着に
敗れてしまいましたが、距離を延長した前走では前につけて追走し
上手く抜け出して2勝目。スムーズなレース運びが出来ており、
1200mよりは1400mの方が合いそうです。
さらに距離延長でも対応は出来そうですが、実績的にはそこまでの
ものはなく、ここであえて狙ってみたくなるほどの材料には
欠ける印象。

テイエムキュウコー】牡2 55.0 (栗東) テイエムオペラオー×(サクラバクシンオー)
夏に小倉1200mで3戦し、九州限定産駒のOPひまわり賞を勝っています。
休養を挟んで挑んだ京王杯2歳Sでは中段からになり、何も出来ずに
12着と大敗。休養明けの輸送競馬、+12kgと重かったことも
影響がありそうですが、能力的にも高い評価は出来ず
さらに距離延長で上昇があるとは考えにくいかと。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。