けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港國際競争結果   担【けん♂】

年末の競馬の祭典、香港国際競争が行われました。

今年は日本から3頭が出走。


・香港スプリント ロードカナロア
・香港マイル   出走なし
・香港カップ   トウケイヘイロー
・香港ヴァーズ  アスカクリチャン


ロードカナロアはこれが引退レース。
個人的にはマイルCSで国内マイル以下GⅠ完全制覇挑戦も
観てみたかった気がしますが、香港で連覇狙い、というのも
立派なタイトルだけに有終の美を是非飾って貰いたいですね。

香港カップにはトウケイヘイローが挑戦。
函館で連勝していた馬だけに洋芝への適性には期待出来ますし、
先行力もシャティン競馬場では活きてきそうです。
チャンスは十分にありそうなので武豊騎手がどんな逃げ方を
するのか注目したいところ。

アスカクリチャンは・・・アルゼンチン共和国杯で強い勝ち方を
していましたが、やはり適性は2000m以下のうような気がします(^^;
世界の猛者たち相手にどこまで出来るか、試金石ですね。

香港スプリント


好位の外を追走したロードカナロアは手応えよく直線で前を向くと
直線半ばでエンジン点火!
あっという間に馬群を置き去りにして、最後は手綱を緩めて大楽勝!
いやーこれは強い!
うーん、ブラックキャビアとの頂点対決を観てみたかったなぁ・・・。

安田記念を制したことで単なるスピード馬ではないことを
示しており、種牡馬としてもかなりの人気を集めそうです。
キングマンボ系もキングカメハメハから枝葉を伸ばしていきそう。
SS系の分岐とともに、日本の血統界を二分していくことに
なりそうです。

香港マイル


安田記念では14着、11着と振るわない成績になっている
グロリアスデイズですが、香港ではマイル路線のトップを
競う馬として活躍を続けています。
今回は休養明けぶっつけ・・・後方を追走し、外をグイグイ伸びて
昨年2着のリベンジ達成!
3連勝中で勢いに乗っていたゴールドファンが先に抜け出したところを
力でねじ伏せた内容・・・。うーんやっぱり強いですね。
うーん、順調なローテーションで来日すれば十分に日本でも
活躍できる馬だと思います。

香港カップ


いつもどおりハナを奪ったトウケイヘイローは後続を離しての
逃走劇。ラップの表示が日本とは違うので推定になりますが、
1000m通過はおよそ1分02秒を超えるくらいのスローペース。
武豊騎手としては「してやったり!」という感じだったかもしれません。
それでも相手も強力・・・コーナーで後続に詰め寄られ
苦しい展開になりましたが、そこから突き放して粘りに粘る
トウケイヘイロー!

最後に香港ダービー馬のアキードモフィードにかわされ
惜しくも2着に終わりましたが、シリュスデゼーグルに先着し、
力のあるところは十分に見せたと思います。
国内に適したGⅠがないので、来年も国際GⅠを狙う路線で
行っても面白いかもしれませんね(^^)g

香港ヴァーズ


中段につけていったアスカクリチャンは直線に入って
馬群の中で揉まれてしまい、天皇賞春3着のレッドカドーに
被せられたところで後退・・。
抜けるところがない、というよりも脚色が一杯になった感じ。
そのまま7着でゴール。

後方から鋭く伸びたドミナントがGⅠ初制覇。
2着にはヨークシャーオークス、愛チャンピオンSを連勝し
BCターフでも2着に入った強豪牝馬ザフューグ、
3着にはJCからの転戦となったドゥーナデンが入りました。


毎年思うことですが、こういう形で短距離から
クラシックディスタンスまでの各路線の馬が集結するような
競馬のイベント
って面白いですよね。
帯同馬、遠征費用、といった点も含めて欧州、米国、豪州の馬も
参戦しやすくなる面もありそうです。
JCも・・・JCスプリント、JCマイル、JCカップ・・・
みたいな形でやったらもっと世界的なイベントに発展しそうな気がします。
あ、JCカップって「ジャパンカップカップ」になっちゃうのか・・・(笑)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。