けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神JF(各馬分析2)   担【けん♂】

阪神JF(阪神1600m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

ホウライアキコ】牝2 54.0 (栗東) ヨハネスブルグ×(サンデーサイレンス)
高い内容を見せて新馬戦を逃げ切ると、重馬場となった小倉2歳Sでは
2番手から差し切って連勝、さらに続くデイリー杯2歳Sでも
ハイペースを前で押し切って3連勝達成。ヨハネスブルグ産駒は
母父SSと非常に相性が良いようで、マイル周辺までは十分にこなせそうです。
いずれ短距離にシフトするにしろ、現段階での完成度の高さで
十分に勝負になりそう。前々での競り合いでどこまで我慢出来るか、
注目したいと思います。

マジックタイム】牝2 54.0 (美浦) ハーツクライ×(ブライアンズタイム)
超スローとなった新馬戦では後方から押し上げつつ脚を使って前を
残してしまいましたが、2戦目では一気に全頭を差し切る豪脚を発揮。
続くきんもくせい特別でも後方から突き抜けて連勝を飾っています。
スローからの瞬発力勝負ならばメンバー中でも上位評価。
馬体を増やしてきている点も好感。ハイペースへの対応力に不安が
ありますが、後方からの脚質なので、脚をためつつ行ければ
面白い1頭になるかも。先行きが楽しみです。

マーブルカテドラル】牝2 54.0 (美浦) ダイワメジャー×(エリシオ)
スローの瞬発力勝負となった新潟2歳Sでは前につけた馬の中では
最先着の5着と健闘。芙蓉Sでは牡馬相手に好位から差し切り勝ち、
続くアルテミスSでは中段から抜けて連勝を飾っています。
脚質に自在性が出てきたのはプラス材料。
徐々に馬体を増やしてきてはいるものの、まだかなり小柄なので
輸送競馬になると不安があるかもしれません。

モズハツコイ】牝2 54.0 (栗東) クロフネ×(サクラバクシンオー)
ここまでにすでに6戦を消化。前走のファンタジーSでは中段後方から
末脚を伸ばして2着と健闘。血統的にも相性が良いレースだったことも
影響したかもしれません。これまでのところ1400mでは
複勝圏を外していませんが、1600mでは6着、8着と結果が
出せておらず、条件的には厳しくなりそうです。

レッドリヴェール】牝2 54.0 (栗東) ステイゴールド×( Dixieland Band)
5頭立ての新馬戦ではスローペースを2番手から前を競り落として新馬勝ち。
続く札幌2歳Sでは不良馬場の中、中段から機動力を発揮し、
抜けた逃げ馬をとらえて連勝。重馬場、洋芝に強いステイゴールドの
血が活きた感じで、実績としては評価出来ますが、上がりが41秒なんて
レースだと実質的な内容は評価不能。スローペースしか経験がないので
ペースアップに対応できるか、まずはそこが試金石。
この血統らしく極端に馬格がないのも気になるところ。

レーヴデトワール】牝2 54.0 (栗東) ゼンノロブロイ×(Highest Honor)
新馬勝ちのあと、萩Sでは湿った馬場を嫌がったのか、前で脚が鈍り
6着と人気を裏切ってしまいました。前走の白菊賞では後方を追走し、
あっさりと突き抜けて復活勝利。やはり素質は高い馬だと思われます。
▲12kgと絞り込んでいたところから中1週、上積みには
期待しにくく、調整にも不安があるかもしれません。
力を出せる状態ならば良血の力が活きてきそうですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。