けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JCD(斤量負担分析)  担【けん♂】

JCD(阪神1800m)についてもう少し見ておきたいと思います。

実質斤量負担
JCD斤量負担

ダートのレースということで、馬格がある馬が多く
過去のJCDでも平均馬体重は

・08年 502kg
・09年 503kg
・10年 505kg
・11年 500kg
・12年 504kg

と500kgオーバーが続いていましたが
今回は16頭中13頭が500kgを超える巨漢揃いとなっています(爆)

平均馬体重はなんと512kg(前走ベース)!

16頭立て(フルゲート)の最も重い平均体重って何キロなんでしょうか?
もしかして新記録かもしれませんね(^^;


過去5年の傾向なので微妙ではありますが、基本的に馬格があるタイプが優勢。
ここ3年は500kgオーバーの馬が連対圏を独占
当時488kgだったホッコータルマエが昨年3着に入りましたが、
10年、11年は3着まで全て500kg以上の馬で占められていました。

・・・まぁデカい馬の出走頭数自体が多いので当然と言えば
当然な気もしますが(爆)

実質斤量負担では12.0%がひとまずの上限。

今回はソリタリーキングが1頭だけ極端に小柄な馬体重になっており、
条件をオーバーしてしまっています。

過去にはメイショウトウコンが460kgで2着に入ったことがあるので
まったく無理ではないと思いますが、メイショウトウコンは
構造的に似ている京都D1800mを極端に得意にしていた馬で
コース適性が大きくモノを言った印象。
ソリタリーキングも東海S(京都1900m)を制しており、
京都コースの成績は悪くないのでなんとか・・・という感じでしょうか。
少なくとも馬群に入ってしまうと厳しいので、外を上手く回る必要は
ありそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。