けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JC(斤量負担分析)  担【けん♂】

JC(東京2400m)出走馬の斤量負担について見ておきたいと思います。

実質斤量負担
JC斤量負担
※外国馬に関しては木曜計量の馬体重を取り上げています。

過去の傾向としては余程特別な例外(ディープインパクト、
オルフェーヴル)を除けば、480kgが好走の下限
(斤量負担が軽い牝馬、3歳馬は460kgが下限)

スマートギアは厳しいですね。
トーセンジョーダン、アンコイルドは中間で増やしていれば
大丈夫かもしれませんが、微妙なライン。

外国馬のドゥーナデン、シメノンもかなり小柄な馬ですね。
基本的に欧州馬は日本馬よりも斤量に対する耐性が高く
こちらはあまり気にしなくてもいいのかも。

微妙ながら前走より斤量負担が減っている馬が多く、
・アドマイヤラクティ
・ジェンティルドンナ
・エイシンフラッシュ
・ルルーシュ


といった前走で好走しているのに斤量負担が軽くなっている馬は
さらに上昇が期待出来そうです

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。