けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイルCS(各馬分析3)  担【けん♂】

マイルCS(京都1600m)出走予定馬の各馬分析、第3弾です。

トーセンラー】牡5 57.0 (栗東) ディープインパクト×(Lycius)
2、3歳時に1800mを使っていますが、それ以降は一貫して
中長距離路線で使われており、この春は京都記念を制し、
天皇賞春でも2着と健闘。京都適性が高いことは示していますが
マイル戦のペースについていけるかは疑問。
後方からになった場合には前崩れにならないと・・・。

ドナウブルー】牝5 55.0 (栗東) ディープインパクト×(Bertolini)
昨年は関屋記念を制し、府中牝馬S3着のあと、マイルCSでも3着と健闘。
春は休養明け、56kg、GⅠといった課題があっただけに
連続凡走もやむなし、という感じでしたが、関屋記念でも
前をとらえられず4着、超スローとなった府中牝馬Sでも前に及ばず2着、
というのは評価としては微妙。出来は昨年の域にはないのかも。
適性はあるので侮れませんが・・・。

マイネイサベル】牝5 55.0 (美浦) テレグノシス×(サンデーサイレンス)
この春は中山牝馬Sを制し、福島牝馬Sで2着、ヴィクトリアマイルでも3着、
さらに安田記念でも牡馬相手に4着と健闘。復帰戦の府中牝馬Sでは
超絶スローに巻き込まれて4着と届かなかったものの、調整は順調な様子。
能力の高さは十分ですが、京都では(0-0-0-3)とふるわず、
ローズS2着はあるものの、輸送競馬に不安があるのは否めません。
充実してきている今なら・・・という感じもありますが
過大な期待は禁物かと。

リアルインパクト】牡5 57.0 (美浦) ディープインパクト×(Meadowlake)
マイルCSでは2年連続5着。基本的に輸送に弱く、関西圏では
一切馬券圏内の好走がないだけに、期待するのは少々怖い面があります。
余裕残しで復帰した富士Sでは久々に2着と健闘しており、
絞り込まれたら上昇が見込めそうですが、決め脚勝負では分が悪く、
消耗度が激しい展開にならないと・・・

リルダヴァル】牡6 57.0 (栗東) アグネスタキオン×(Thunder Gulch)
早い時期から期待されてきた馬ですが、これまでのところ
重賞では3着が精一杯。相手なりに走る馬ですが、何かもう一枚
足りない面を見せています。
京都外回りコースでは2勝を挙げており、適性には問題なく、
年齢的な衰えは少なそうですが、それでも6歳にして急な上昇は
考えにくい状況。

レッドオーヴァル】牝3 54.0 (栗東) ディープインパクト×(Smart Strike)
桜花賞では後方から突っ込んで2着と健闘しましたが、オークスでは
さらに馬体を落としてしまい17着と大敗。
復帰戦のローズSで+12kg、前走で+10kgと馬体を戻している点は
評価出来ますが、斤量差が縮まって牡馬の上位馬相手となると
そこまでの期待はしにくい印象。後方一辺倒の脚質ではなくなり、
流れに乗ってどこまでやれるか、世代のレベルを観る上でも注目したいところです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。