けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリザベス女王杯(各馬分析3)  担【けん♂】

エリザベス女王杯(京都2200m)出走予定馬の各馬分析、第3弾です。

マルセリーナ】牝5 56.0 (栗東) ディープインパクト×(Marju)
この夏のマーメイドSで桜花賞以来の久々の勝利を挙げましたが
重い馬場の北海道で連敗、前が止まらない展開になった府中牝馬Sでも
好位から7着に粘るのが精一杯になってしまいました。
秋に増やした馬体を前走で大きく絞り込んでおり、上積みは疑問ながら
状態は良化傾向にありそう。古馬になって京都外回りコースへの参戦は
マイルCS(6着、11着)だけ、血統的には力を出せる舞台だと
考えられるので、GⅠ馬の底力に期待しても面白そう。

ミッドサマーフェア】牝4 56.0 (美浦) タニノギムレット×(Kingmambo)
基本的に後方からの脚質でそれなりに脚を使うものの、前に届かず、
前走の府中牝馬Sでは好位につけるレースをしましたが、
途中から位置取りが悪くなり、10着に敗れてしまいました。
早熟なわけではないと思いますが、古馬になって成長した感がなく
低迷から脱する出口は見えない印象。距離延長もプラスではなさそう。

メイショウマンボ】牝3 54.0 (栗東) スズカマンボ×(グラスワンダー)
ローズSでは4着に敗れたものの、本番の秋華賞で巻き返してGⅠ2勝目。
大きな飛びの走法なので下り坂を活かせる京都外回りコースは
おそらくベストの設定。血統的にも距離延長はプラス材料だと考えられ、
期待度はかなり高いと思われます。
馬体重にも余裕がある状態なので、さらに良化があれば連勝も
十分に可能性ありかと。

ラキシス】牝3 54.0 (栗東) ディープインパクト×(Storm Cat)
新馬戦を勝ったあとすみれS、フローラSと春は連敗してしまいましたが
秋に馬体を増やして本格化傾向、連勝で1000万下を制しています。
今回と同じ舞台のレースを勝っているのはプラス材料ですが
斤量に恵まれた面、超スローペースだった点などを考えると
そこまで大きな期待はしにくい感じ。まだ底力が残っているのなら
穴馬候補の一角まで。

レインボーダリア】牝6 56.0 (美浦) ブライアンズタイム×(ノーザンテースト)
昨年のこのレースでは重馬場適性を活かして、後方から押し上げつつ
差し切ってGⅠ制覇。春は距離が合わないレースで連敗したのも
仕方ないにしても、秋は得意の洋芝のレースで結果出せておらず
年齢を重ねて良化している感じはなし。
この舞台自体は合うので侮れませんが、良馬場で若い馬相手になると
いきなり復活を期待するのは酷かと。

ヴィルシーナ】牝4 56.0 (栗東) ディープインパクト×(Machiavellian)
昨年は目の上のたんこぶ不在(笑)のこのレースで重馬場に泣いて2着。
春にようやくヴィクトリアマイルを制しましたが、展開が合わない
安田記念では8着に敗れ、+16kgで復帰した京都大賞典でも
ハイペースに脚が鈍って8着に敗れています。
復帰戦としては十分な内容だっただけに、状態は良化が期待出来そう。
前々で競馬が出来る強味を活かせればここでも期待出来ると思いますが
馬格がないので56kgがどこまで響くか・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。