けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリザベス女王杯(各馬分析1)   担【けん♂】

エリザベス女王杯(京都2200m)出走予定馬について見ていきたいと思います。

アロマティコ】牝4 56.0 (栗東) キングカメハメハ×(サンデーサイレンス)
徐々に力をつけ、昨年の秋華賞で3着。ヴィクトリアマイルでは10着と大敗し、
1番人気に推されたマーメイドSでも3着と後方から微妙に届かない
ところを見せてしまっています。前が止まらない展開になった府中牝馬Sでも
7着と足りておらず、前崩れの展開にならないと厳しそう。
今回はテン乗りで三浦騎手にバトンタッチ、京都で実績がある騎手では
ないだけに不安材料になりそうです(爆)

ウインクリアビュー】牝6 56.0 (美浦) キングカメハメハ×(Riverman)
後方からの脚質でこの夏に1000万下を突破。
クラスアップ後の2戦では完敗しており、GⅠでどうこう出来るとは
考えにくい状況です。馬体に少し余裕がありますが、出てきたら連闘、
距離延長も含めて厳しそうです。

エディン】牝4 56.0 (栗東) ジャングルポケット×(タイキシャトル)
ダートで使われ来ましたが、年明けから芝中心に転向。
逃げる脚質を活かして、前走で京都2200mの1600万下を
逃げ切っています。かなりのスローペースを作っており、他馬との
兼ね合いが影響しそう。ペースを握れるのなら前優勢の展開を
作れそうですが、上位馬相手にしのげるほどでは・・・

オールザットジャズ】牝5 56.0 (栗東) タニノギムレット×(サンデーサイレンス)
エリザベス女王杯では15着、5着と結果が出せていません。
血統の割に器用に脚を使うタイプで重賞での好走は小回りコースに偏っており、
距離の面でも壁がありそう。前走の京都大賞典でも前崩れの展開で
後方から差すことも出来ずに敗れており、適性的に合わないと思われます。

スピードリッパー】牝5 56.0 (美浦) ファルブラヴ×(サンデーサイレンス)
前々走のクイーンSでは洋芝巧者、小回り巧者の血統の力が
上手く活かされて2着と久々に好走。年齢を重ねると短距離適性に偏ってくる
傾向も見られますが、この馬はひとまずマイル周辺を使われています。
距離延長はかなり疑問、外回りコースも合わないと思われます。

セキショウ】牝3 54.0 (美浦) シンボリクリスエス×(サンデーサイレンス)
紫苑Sを逃げ切って秋華賞に挑みましたが、速いペースに引っ張られて
8着に敗退。本来はスローで逃げたい馬だけに他の先行馬との
兼ね合い次第でもう少し頑張れそうです。関西への輸送をこなした点は
一応プラス材料。ただし、脚質的に外回りコースは合わない公算が高そう。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。