けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリザベス女王杯(展開分析)   担【けん♂】

エリ女コース
※京都2200mのコース図とエリザベス女王杯(01年~)のラップ平均

エリザベス女王杯が行われる京都2200m(外回り)は
ホームストレッチ側の直線からスタート。
最初のカーブまでは約400mあるので、先行争いが激化することは
あまりなさそうです。
内外の枠順の差もほとんど関係ないと考えられます。
どちらかというと差し馬の方が閉じ込められる可能性を考えると
外枠に入りたい感じでしょうか。

隊列が落ち着いてしまったあとは、カーブ、上り坂、下り坂と続くため
位置取りを変えるのはかなり大変そう。
スタート直後の位置取りにも注目したいところです。

1000m辺りから始まる上り坂では例年かなりペースが落ちる傾向。
12秒後半から13秒台に落ちる年もあります。
ここでペースを落とさずに上り切るようだと後半はかなり厳しい消耗戦

上り坂でペースを落とした場合は、下り坂から息を入れられない
展開になります。
800mのロングスパート・・・脚をためる部分がないだけに
なし崩しに長く良い脚を使える馬が優位だと考えられます。

4コーナー位置取りと着順の関係:エリザベス女王杯】
    1着→2着→3着
12年  9  4 16(番手) ※重馬場
11年 10  4  3
10年  7 10  6
09年  1  2  3
08年  3  5  8
07年  1  3  5
06年  7  4 11
05年 10  1  7
04年  7  2 13
03年 10  6 13
02年  2  4  7
01年 10 13  8

先行   4  4  2
好位   0  6  2
中段   4  0  4
後方   4  2  4

基本的には前につけた馬が優位ですが、後方からも届くことがある・・・
本来はこういう数字の出方はおかしいわけで、競馬場の構造以上に
展開によって有利な脚質が左右されやすい、というレースだと考えられます。

おおよそですが、上のコース図の上り坂の部分(1200~1400m辺り)
のラップが12秒台後半以上になった場合は1~3番手につけた先行馬が
複勝圏に入りやすい、という傾向が出ています。
一旦緩むことで脚をためて粘り込みやすい、という感じでしょうか。
昨年のように重馬場になって内が荒れてしまうと、内を通った先行勢の
脚が鈍り、スローペースを後方で脚をためた馬が差し込む、という
場合もあるので天候にも注意したいところ。
先行馬の質、展開の想定はしっかり見ておく必要がありそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。