けいけん豊富な毎日

アルゼンチン共和国杯(各馬分析2)    担【けん♂】

アルゼンチン共和国杯(東京2500m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

コスモロビン】牡5 56.0 (美浦) ゼンノロブロイ×(ジェイドロバリー)
12年の目黒記念では前が残る展開を強引に差し込んで3着と健闘。
今年の目黒記念では後方から届かず6着に終わりましたが、
ペースが少し緩むようなら復活の余地はありそう。
かなり太目になっているので、大きく馬体を絞ってくるようなら
期待度アップと見ておきたいと思います。

サイモントルナーレ】牡7 53.0 (美浦) ゴールドアリュール×(アフリート)
OPクラスではこれまでにもチョコチョコと好走がありましたが、
前走の函館2600mで7歳にして初のOP勝ち。
重い馬場で極端に上がりが掛かる中、最速の上がり(41.9)を
使えた点は評価出来そうです。とはいえ、重賞では現状厳しく、
年齢、馬格ともに不足。

シゲルササグリ】牡4 54.0 (栗東) ブラックタキシード×(デインヒル)
4歳馬ですが、ここまでにすでに31戦を消化、かなりハードに
使われてきていますが、その中で馬体を成長させつつ、成績が良化し、
前走で1600万下を突破。
前につける脚質で末脚自体はキレませんが、位置取りを活かしたいタイプ。
現状では重賞で上位馬相手では厳しいと思われます。
遠征競馬も得意とは言えません。

セイカプレスト】牡7 54.0 (美浦) イーグルカフェ×(Sadler’s Wells)
ダートで使われてきましたが、昨春に芝路線に転向。
中段、後方からの脚質で凡走も多いですが、前々走の函館2600mでOP勝ち。
年齢による衰えは感じられません。とはいえ、洋芝への適性が活きた好走で
東京で重賞となると推せる理由はなく、年齢的にも実績的にも不足。

デスペラード】牡5 56.0 (栗東) ネオユニヴァース×(トニービン)
ダートを中心に使われてきましたが、昨秋に芝に戻し、ステイヤーズS3着のあと
万葉SでOP勝ち。阪神大賞典でも2着と長距離路線で活躍しています。
天皇賞春で9着に敗れ、その疲れを引きずって▲10kgで出走した
目黒記念では9着、休養を挟んで復帰した京都大賞典でも▲16kgと
馬体を落としており、10着という結果だけでなく、調整面でも不安を
抱えてしまっている印象。まともな出来ならば、末脚に威力があり、
ハマれば好走が期待出来る馬だと思いますが・・・

トウカイトリック】牡11 57.0 (栗東) エルコンドルパサー×(Silver Hawk)
07年のアルゼンチン共和国杯で2着に入っていますが、それ以降は
9着、6着、12着、10着と結果が出せていません。
昨冬には10歳にしてステイヤーズSを制し、衰えが少ないことを
示しましたが、年齢を重ねて・・・というか重ね過ぎて(爆)
以前よりも良化するとは考えにくく、ここでは・・・。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは

アルゼンチン共和国杯は我等がギュスターヴクライが競走馬生命を断たれたレースですね(>_<。)

あのゴール板を過ぎてから伸びる反応の悪いエンジンが懐かしいです。

名無し | URL | 2013年10月29日(Tue)22:50 [EDIT]


>名無しさん
ギュスターヴクライ・・・本当に残念でした。

過去の指名馬の中でも一番思い入れがある馬です。
あーいう個性的な馬にまた出会えることに
期待したいですね。
自分の中ではアルゼンチン共和国杯は
「ギュスターヴクライ記念」

そんな気持ちで今年も考察していきたいと
思います。

けん♂ | URL | 2013年10月30日(Wed)03:03 [EDIT]


 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アルゼンチン共和国杯 2013 予想オッズ 複勝率3.4%と凡走傾向!危険な人気馬のデータ

今日はアルゼンチン共和国杯の危険な人気馬について。 まず結論から先に書きますと今
[続きを読む]

ア ナ コ ー 【穴】馬を【攻】略するブログ | 2013年10月30日(Wed) 00:19