けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊花賞(展開想定)   担【けん♂】

菊花賞(京都3000m)の枠順を見ながら展開について考えてみたいと思います。

逃走宣言をしているのはバンデ。
前走では兵庫特別を逃げて突き放す強い勝ち方をしています。
ただし・・・鞍上の松田騎手は京都3000m以上のレースは未経験
ペース配分などを考えると少々不安もありそうです。

1枠2番に入ったネコタイショウも逃げる脚質ですが、
池添騎手に乗り代わり、あえて先手を強引に主張するほどではなさそう。
スタート直後に少し競り合って、バンデが強く出れば2番手で
落ち着きそうです。

最内枠のケイアイチョウサンは控えて後方から。

エピファネイアはある程度前にも行けますが、このところは
中段辺りからになりがち。
長距離で折り合うことを考えると中段待機策になりそう。

血統的にはスピード色が強いフルーキーは好位の一角へ。

テイエムイナズマは後方から。

ヤマイチパートナーは安定して好位からの競馬が出来ています。

アクションスターは前走と同じく中段後方から脚を使いたい感じ。

タマモベストプレイは先行集団の後くらいになりそう。

インパラトールがリスポリ騎手。中段辺りから回りを見つつ・・・。

ヒラボクディープはダービーでは出遅れましたが、
基本的には好位からの馬。

ナリタパイレーツは先行集団に加わって早めに仕掛ける感じ。

ダービーフィズは中段後方へ。

サトノノブレスは好位の後辺りから。少し鈍いところがあるようなので
今回はある程度積極的に動いて行きそう。

ユールシンギングは後方の前くらいから外へ。

アドマイヤスピカも後方からになりそう。

ラストインパクトはスタート次第でしょうか。
前にも行ける馬ですが、この枠から最初に脚を使うのは微妙。
中段辺りまでかと。

マジェスティハーツは腹を括って最後方待機。

スタート直後のおおよその位置取り
菊花賞展開

先行グループ、好位グループ、中段グループ、後方グループ、が
はっきりと色分け出来る感じ。

道中の隊列はかなり縦長になりそうです。

ゆったりと2周目の坂を上って、下りに入って加速開始。
最後は800mのロングスパート・・・

基本的には前優勢の展開になりそうですが、土日の雨で内の馬場が
荒れてくるようだと、外伸びの傾向が強まってくるかも。
馬場状態に関しては注意が必要になると思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013年10月19日(Sat)01:08 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。