けいけん豊富な毎日

菊花賞(騎手データ分析)  担【けん♂】

菊花賞(京都3000m)に騎乗する騎手データを見ておきたいと思います。

菊花賞:上位入線騎手
菊花賞騎手1
※黄色→3回以上、紫色→2回

京都競馬場で行われる3000m以上のレースというと
現在は菊花賞、天皇賞春、万葉Sの3つしかありません。
(以前はドンカスターS、嵐山Sなどがありました)

当然、騎乗回数も限られてくるわけで、騎手の間でも経験する機会が
少な目
になる特殊なコースだと考えられます。

過去の菊花賞の上位入線騎手を見てみると、秋華賞ほどではないものの、
やはりリピーターがかなり結果を出していることがわかります。
ただ、こちらは単発で勝っている騎手もかなりおり、
馬の力がある程度優先される、と考えておいた方が良さそうです。

馬券圏内、となると・・・2勝を挙げている内田博騎手、4連続2着という
横山典騎手、それに武豊騎手の好成績が目立つ感じでしょうか。

ここ10年間に行われた京都3000m以上のレースでの
成績を調べてみました。

京都長距離成績(03年~)】
菊花賞騎手2

騎乗回数最多タイ(26鞍)の武豊騎手は4勝を挙げており、
複勝率では驚異の57.7%\(◎o◎)/!
この条件を最も得意にしている騎手だと考えて良さそうです。

横山典騎手も1勝ながら2着が6回・・・ヒモ候補として
非常に優秀な成績となっています。

騎乗回数が少なめながら2勝、2着1回、3着1回と安定している
蛯名騎手もこの条件は得意のようですね。

関東の騎手にお株を奪われていますが(笑)武豊騎手に続いて
好成績を挙げている関西の騎手は和田騎手

騎乗回数は少な目ながら武幸騎手、池添騎手も十分に好成績。

岩田騎手も騎乗回数の割合にすると少し落ちますが、
2勝、2着2回、3着1回ならば問題ない成績と考えて良さそう。

今回1番人気を背負うであろう福永騎手は・・・騎乗回数はかなり
多い方ながら今のところ未勝利。
騎乗馬の質を考えると、その上の小牧騎手、幸騎手よりも
かなり不安がある・・・と思われます。

浜中騎手はスリーロールスで一発かましてくれましたが、
それ以外は入線なし。騎乗回数も少な目なので評価が難しいですが
騎手がプラスになる感じではなさそうです。

同じくビッグウィークで勝った川田騎手、昨年3着に入った秋山騎手
騎乗数の割に結果が出ておらず、こちらも得意な条件ではないと思われます。

北村宏、戸崎、田中勝騎手といった関東の騎手は騎乗回数が少な過ぎて
評価が出来ませんが、その分、不慣れであることは否めません。

今回バンデで逃げる可能性のある松田大騎手はこの条件での騎乗はゼロ。
うーん、もしペースを握るとなると・・・ペースが怪しくなりそうです。
2200m以上のレースでは3着に入線したことがあるので
それほど苦手な条件ではないかもしれませんが、逃げたのは
不良馬場での1回だけ。怪しい・・・

リスポリ騎手も3000m以上のレースでは騎乗がありませんが、
前回来日したときには京都2200~2400mでは
(3-1-0-1)と非常に好成績をおさめています。
騎乗馬の質が高かった、という側面はあるにしろ、
人気に応える、というのも重要な資質。
久々の来日になりますが、ちょっと怖い騎手かもしれませんね(^^;

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 けんさん

 こんばんは、お疲れ様です。騎手考察きましたね(笑)いつもは騎手を重視するのですが、最近の菊花賞はあまり気にしません。浜中J、川田Jとか若手も勝ってますし、どちらかというと人気薄の一か八かが怖いと思ってます。だだテン乗りは割引、継続して乗っているのがいいかな?と思います。

今回、福永Jは勝てるのか?大外枠で武豊Jはどう乗るのか?2度ある事は3度ある?池添JがスプリンターS、秋華賞に続きまた人気薄で穴をあけるのか?この3点に注目しています(笑)

マロン | URL | 2013年10月19日(Sat)00:01 [EDIT]


>マロンさん
たしかに若手の一発が目立ちますよね(^^;

長丁場のレースだけにおっしゃるとおり
見所満載!結果だけでなく
レース中の駆け引きを含めてじっくり
楽しみたいと思います。

けん♂ | URL | 2013年10月19日(Sat)09:14 [EDIT]


 

トラックバック