けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊花賞(穴馬のパターンについて)  担【けん♂】

菊花賞(京都3000m)で穴をあけた馬について少し整理。

01年以降の菊花賞で6番人気以下から3着以内に入った馬を
パターン別にまとめてみました。

春の実績馬の巻き返し
菊花賞穴馬1

実績があるにも関わらず、人気を少し落としていた馬の巻き返し。
人気薄といってもどの馬も6番人気ですから、それなりに評価されていた、
という見方も出来そうです(^^;
アルナスラインは古馬相手に京都大賞典で健闘、マンハッタンカフェは
頓挫明けに+46kg\(◎o◎)/!で札幌で連勝していました。
春までの実績に加えて、夏秋に結果を出している馬は特に要注意。

タマモベストプレイはきさらぎ賞1着、スプリングS2着と春の実績は十分。
 青葉賞1着のヒラボクディープも条件を満たしていると考えて良さそうです。
 京成杯2着のアクションスター、青葉賞3着のラストインパクト、
 若葉S3着のサトノノブレスは重賞勝ちがないだけに、
 夏秋に実績が欲しい感じなので神戸新聞杯3着のサトノノブレスは及第点、
 あとの2頭は少し足りないかもしれません。

長距離に合う血統
菊花賞穴馬2

菊花賞と言えばダンスインザダーク(笑)
最近は産駒が少なくなってきていますが、まさに特注血統となっています。
昨年は全弟のトーセンダンス産駒のユウキソルジャーが入線。
サッカーボーイ産駒、母父リアルシャダイ、というのも良く知られた
長距離血統となっています。
こういう血統はかなりの人気薄でも押さえてみたいところ。

ヤマイチパートナーの母父はリアルシャダイ。父のサムライハートも
 良血種牡馬だけに血統面では狙い目の馬になりそう。
 ケイアイチョウサンの父ステイゴールド、マジェスティハーツの父
 ハーツクライはスタミナ血統として意識しておきたいですね。

欧州血統
菊花賞穴馬3

あえてエルコンドルパサーも入れてみましたが、
凱旋門賞、キングジョージSなど欧州の大レースで活躍した馬の産駒は
スタミナ面で期待出来る場合があります。

バンデの父オーソライズドは英ダービー馬。モンジューの血を引く
 スタミナ血統なので血統面では推せそうです。
 フルーキーの父リダウツチョイスは豪州のスプリント血統なので
 菊花賞でプラスに働くとは考えにくい感じ。

良血種牡馬の一発
菊花賞穴馬4

ミスキャストの母はノースフライト、ヤマニンセラフィムの母は
ヤマニンパラダイス。活躍馬を母にもつことで種牡馬入りした
良血種牡馬は産駒が少ない中でも突然の一発を出すことがあるようです。
かなりのレアパターンなので意識する必要はないかもしれませんが
夏場を使って叩き上げで上がってきた場合には狙い目になりそうです。

→テイエムイナズマの父ブラックタイドはディープインパクトの全兄。
 良血種牡馬ですが、過去の例と違ってこの馬自身は近走で
 結果が出ていないので・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

穴で狙ってるのはテイエムとヤマイチです。
前者は血統が地味なSSは近年の傾向ですし、クラシック王道路線ずっと走って上がりはずっと3位以内。前走は幸騎手が乗れずに四位さんが代打でしたが、代打の自分がこの馬に教え込んだことを壊すわけにはいかないからと、じっとしてたらしいです。二歳の頃は捲りよくうってましたし幸騎手が色気もって乗ってくれればドテカイことやってくれても!

巧者はリアルシャダイが全てですが(笑)函館下り坂を上手く利用できる馬は京都下り坂も上手くいく馬結構いるんですよね。2走前の函館の内容はかなりよかったので前走度外視で脚ためて捲りみたいなのをマンボ幸四郎に期待です。去年4着ハーバーコマンドもそうでしたが!
フローテーションも内容からは買う要素少なかったけど菊では化けました。

赤ヘル | URL | 2013年10月16日(Wed)17:27 [EDIT]


>赤ヘルさん
どうもです(^^)/

今回は1頭を除いて混戦模様だけに
どこを狙うか、というレースですよね。
なんか穴探しでワクワクしています(笑)

テイエムイナズマ、ヤマイチパートナーとも
条件的に面白いだけに価値がありそうです。
あとは週末の雨がどう出るか・・・
展開なども考えたうえでお互い上手く
鉱脈を掘り当てたいですね♪

けん♂ | URL | 2013年10月17日(Thu)05:21 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。