けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊花賞(各馬分析1)   担【けん♂】

菊花賞(京都3000m)出走予定馬の内、まずは優先出走権のある馬及び、
賞金上位馬について見て行きたいと思います。(1/6頭で抽選)

アクションスター】牡3 57.0 (栗東) アグネスタキオン×(Loup Solitaire)
ラジオN杯2歳S4着のあと、京成杯で2着に入りましたが、
スプリングS、京都新聞杯と連敗し、ダービーでは14着と大敗。
復帰戦の神戸新聞杯ではスローペースを後方から押し上げて4着と
久々に健闘しました。体重を少し戻していた点は好感がもてますが
まだ馬格は不足気味。上昇は見込めそうですが、キレも微妙で何枚か
足りない感じが・・・

アドマイヤスピカ】牡3 57.0 (栗東) キングカメハメハ×(サンデーサイレンス)
アザレア賞で2勝目を挙げ、青葉賞に臨みましたが7着に敗れ
ダービーには届かず、復帰戦のセントライト記念では大きく減り続けていた
馬体を少し戻して3着と健闘しました。
ただし、セントライト記念は前半からスローで前優勢の流れになったにも
関わらず、前の馬が総崩れした低調な内容だったため、評価は微妙。
関西馬が関東で復帰した点も違和感がありますし、仕掛け遅れ気味に
なる点も含めて本番向きとは考えにくいかと。

インパラトール】牡3 57.0 (栗東) ディープインパクト×(Storm Cat)
萩Sを勝って休養を挟んでから、きさらぎ賞を回避などバタバタ気味になり、
+16kgと重かった若葉賞で4着、皐月賞では後方から伸び切れず
10着と大敗。プリンシパルSでも8着に敗れてしまいました。
復帰戦の西宮Sでは後方から最速の上がりで突っ込み、2着。
関西圏では安定して脚が使えるので成長分があれば面白い面もありそう。

エピファネイア】牡3 57.0 (栗東) シンボリクリスエス×(スペシャルウィーク)
前につけるスタイルでラジオN杯2歳Sを3連勝で制しましたが、
弥生賞で4着に敗れ、徐々に折り合い重視で控える形にシフト気味。
ダービーでは2着に敗れたものの、神戸新聞杯では完勝で復活。
今回はダントツの人気を背負うことになりそうです。
気性面に不安があり、長距離でどこまでやれるかは血統面を含めて
過信は禁物。シンボリクスエス産駒は春以降に成長が見込める面が
ありますが、馬体重が戻し切れていなかった点も重箱の隅。

ケイアイチョウサン】牡3 57.0 (美浦) ステイゴールド×(シンボリクリスエス)
勝ち上がるのに5戦を要しましたが、続く京成杯で3着と健闘。
クラシックには間に合いませんでしたが、横山典騎手の手腕が光った
ラジオN賞で重賞制覇。しかしセントライト記念では後方から
届かず5着に終わっています。
馬格が極端にないのは父系の影響、斤量に強い血統なのであまり
気にしなくて良さそうですが関西初輸送は不安材料。
現状では力勝負では分が悪い印象ですが、距離延長でこその血統が
活きれば・・・

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。