けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋華賞(展開想定)  担【けん♂】

秋華賞(京都2000m)の枠順を見ながら、ざっと展開について
考えてみたいと思います。

先手を取りそうなのはセキショウ。
吉田豊騎手とのコンビでは2戦とも逃げ切り勝ち。
好枠に入り、すんなり行けそうです。

内からティアーモ、外からノボリディアーナ、マコトプリジャールが続き、
先行集団を形成。

外枠に入ったビーナストリックは距離延長ということもあって
慎重に構えることになりそう。好位の後の外辺りまで。

最内に入ったスマートレイアーは好位の一角。

シャトーブランシュは一旦下げて外に出したい感じ。

コレクターアイテムは後方から。

ウリウリは中段待機。

トーセンソレイユはメンディザバル騎手に乗り代わり、
好位の後辺りくらいからになりそう。

休養明けぶっつけ本番のサクラプレジールは福永騎手に乗り代わり。
関西の騎手を擁してくるのはプラスに働きそうですが
初輸送というのは厳しいと思われます。好位くらいにつけて。

リボントリコロールも初輸送。
馬格がないので馬体減も心配です。中段辺りからになりそう。

エバーブロッサムも馬体の維持が・・・不安材料。
後方集団の前くらいへ。

リラコサージュは池添騎手に乗り代わり。
少し押して好位の後くらいへ。

デニムアンドルビーの内田博騎手からはコースを考えて騎乗する、
といったコメントも出ていましたが、ゴールドシップを行かせて
失敗した直後だけに、今回は出たなりで後方からになりそう。

メイショウマンボは中段後方から外を回す形。

ローブティサージュは難しい枠に入ってしまいました。
下げて味があるタイプではないだけにある程度押して出て
中段前から内に潜り込みたいところ。

セレブリティモデルは後方から。

スタート直後のおおよその位置取り
秋華賞位置取り

正面スタンド前からスタートし、すぐにカーブに突入。
外から前に寄せて行くのはなかなか難しく、コーナーリングで
後手を踏むことになりがち。

隊列が決まれば、少しスロー気味に前半を通過し、
上り坂をゆったりと上って、下りからは思い切ったペースで
ロングスパートになりそう。

外から前に寄せて行くのは難しく、捲り上げていくタイプは
外に振られてしまうかもしれません。

内でショートカットしつつ、抜けてくる馬に注意。
今回の場合はスマートレイアー、上手く内に入れたらローブティサージュ辺りが
展開的には向きそうです。

あとは外から末脚を伸ばす馬との競い合い・・・
ほんのちょっとしたコース取り、仕掛けどころが明暗を分けそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。