けいけん豊富な毎日

新潟記念(斤量負担分析)  担【けん♂】

新潟記念(新潟2000m)の出走馬が決まったところで
斤量負担について見ておきたいと思います。

実質斤量負担
新潟記念斤量負担

通常の重賞に比べて、少し軽い馬・・・460~480kgの
ゾーンが優秀な成績をおさめています。

今回は平均体重(前走ベース)が467kgとかなり軽く、
該当する馬は結構大目ですね。

実質斤量負担では12.5%を超えてしまうと馬券圏内に入った馬はゼロ。
エクスペディションは12.8%と条件をオーバーしてしまっています。
ステイゴールド産駒は斤量に対する耐性が高く、例外的な扱いに
なることが多いわけですが、エクスペディションの場合は
これまでのところ57kgでは重賞の好走がゼロ・・・。
今回もかなり厳しい状況にあることはたしかだと思われます。

14頭中、前走から斤量が減っている馬が9頭。
残り5頭は前走と同じ、ということで微妙ながら
出走馬のレベルが全体的に低いことを示している印象。

中でも前走が1着だったにも関わらず斤量が減っている
・サンシャイン
・ニューダイナスティ
・ブリッジクライム
・カルドブレッサ


の4頭は斤量面で推せる馬になりそう。

特にニューダイナスティは馬格、斤量負担も過去の好走条件を
満たしており、狙ってみたい1頭になりそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック