けいけん豊富な毎日

小倉2歳S(各馬分析)   担【けん♂】

小倉2歳S(小倉1200m)出走馬についてざっと内容を見ておきたいと思います。

ウインスプラッシュ】牡2 (栗東) マツリダゴッホ×(フォーティナイナー)
中京2歳S(中京1400m)1.22.9 2着
12.6-11.2-11.6-11.8-11.7-11.6-12.2
前半600m 35.4
後半600m 35.5
同日に行われたレースとの比較 3歳未勝利 1.22.0 ▲0.9

デビュー戦で4着のあと中京1400mで勝ち上がり、前走は中京2歳Sに挑戦。
逃げてそれなりの脚を維持しましたが、好位からの勝ち馬のキレに完敗の内容。
小回りの競馬場はプラスになるかもしれませんが、前半のペースが緩く
自分のレースが出来るかも疑問。 ×

ウメ】牝2 (栗東) アッミラーレ×(リアルシャダイ)
新馬戦(小倉1200m)1.09.0
12.2-10.4-10.9-11.4-11.7-12.4
前半600m 33.8
後半600m 35.2
同日に行われたレースとの比較 3歳未勝利 1.08.0 ▲1.0

新馬戦では前優勢の流れになりながらも先行勢の脚が極端に止まり、
3番手から押し切り勝ち。後続を引き離した内容は評価出来ますが
レベルには疑いがありそう。 ×or△

エイシンキサナドゥ】牡2 (栗東) Distorted Humor×(Devon Lane)
新馬戦(小倉1200m) 1.09.4
12.1-10.6-11.1-11.8-11.8-12.0
前半600m 34.1
後半600m 35.3
翌日に行われたレースとの比較 3歳未勝利 1.08.0 ▲1.4

前の馬の脚が鈍った新馬戦で好位から差し切って勝利。
レベルにはかなり疑いがあり、上手く展開がハマった印象が強い内容。
後方からの馬を離しているものの、キレでは見劣っていただけに
メンバーが揃えば・・・ ×

カシノタロン】牝2 (栗東) バゴ×(スズカストリート)
ひまわり賞(小倉1200m) 1.10.1 4着 稍重
12.2-10.9-11.4-11.3-11.3-11.7
前半600m 35.2
後半600m 34.9

湿った馬場の影響もあって超スローとなったひまわり賞では好位から
前の馬に引き離されて4着ながら完敗。
その前のフェニックス賞でも前に馬に離される内容だっただけに
現状ではかなり力不足。新馬戦もスローで流れており、ペースが上がると
考えられる今回は流れに乗れるかどうかも不安。 ×

グランプリブレイド】牡2 (栗東) ヨハネスブルグ×(コロナドズクエスト)
未勝利戦(小倉1200m) 1.09.5
12.1-10.5-11.4-11.8-11.6-12.1
前半600m 34.0
後半600m 35.5
同日に行われたレースとの比較 3歳未勝利 1.08.0 ▲1.5

中京1400mでのデビュー戦は後方から何も出来ず10着。
距離を短縮して先行する競馬にスタイルを変えて、3戦目に勝ち上がりましたが
前半のペースの割に後半に極端に脚が鈍っており、後続を抑え切ったものの、
上手く展開がハマった感が強い感じ。 ×

シゲルカガ】 牡2 (栗東) パイロ×(シャンハイ)
新馬戦(小倉1200m) 1.09.2 雨
12.0-10.7-11.4-11.6-11.5-12.0
前半600m 34.1
後半600m 35.1
同日に行われたレースとの比較 3歳未勝利 1.08.8 ▲0.4

前半を上手くまとめて最後に少しペースを落としつつも
後続を引き離して新馬戦を逃げ切って完勝。
かなり余力を感じる内容だけに、ペースアップになっても
それなり対応出来そう。 〇or△

ダンツブロード】牡2 (栗東) マイネルラヴ×(アドマイヤベガ)
新馬戦(小倉1200m) 1.09.4
12.2-10.6-11.3-11.6-11.5-12.2
前半600m 34.5
後半600m 34.9
同日に行われたレースとの比較 3歳未勝利 1.09.2 ▲0.2

先行した馬の脚が極端に鈍ったところを3番手辺りから抜け出して新馬戦を完勝。
それほどのペースではなかっただけにレースレベルには疑いがありますが
末脚の伸びには見所がありそう。あとはペースアップに対応出来るかどうか・・・ △

ネロ】牡2 (栗東) ヨハネスブルグ×(サンデーサイレンス)
新馬戦(新潟1200m) 1.13.4
12.8-11.7-12.6-13.1-11.9-11.3
前半600m 37.2
後半600m 36.2
5月に行われたレースとの比較 3歳未勝利 1.09.8 ▲3.6

極端なまでの超絶スローペースを二番手から押し切って新馬勝ち。
ラップ構成からして馬場の問題ではなく、単純に中弛みの内容なので
レースレベルはまったく評価出来ません。
余力はあるのかもしれませんが、このレースからでは判別不能。 ×

ハッシュ】牝2 (栗東) コマンズ×(サンデーサイレンス)
未勝利戦(小倉1200m) 1.08.2
11.9-10.2-10.8-11.3-11.8-12.2
前半600m 33.3
後半600m 34.9
翌日に行われたレースとの比較 3歳未勝利 1.07.7 ▲0.5

かなり極端に速い流れになった未勝利戦を好位の前で追走して
キレ良く抜け出して完勝。
新馬戦はダートで負けていましたが、どうやら芝転向が大正解だった模様です。
時計が速いのは芝状態の影響も大きいと思われますが、
内容的にも十分評価出来そう。 〇

ベルカント】牝2 (栗東) サクラバクシンオー×(ボストンハーバー)
新馬戦(小倉1200m)  1.08.4
12.0-10.5-11.2-11.2-11.5-12.0
前半600m 33.7
後半600m 34.7
翌日に行われたレースとの比較 3歳未勝利 1.08.8 +0.4

締まったペースで引っ張った新馬戦では後半にペースを上げて突き放し、
5馬身差の圧勝。翌日に行われた古馬の時計を上回る好時計も
評価出来ますし、非常に強い内容だったと思われます。
余力もありそうですし、同様の流れを作れたら勝機は十分。 ◎

ベルルミエール】牝2 (栗東) スウェプトオーヴァーボード×(サンデーサイレンス)
新馬戦(小倉1200m) 1.08.9
12.0-10.3-11.1-11.6-11.6-12.3
前半600m 33.8
後半600m 35.1
同日に行われたレースとの比較 3歳未勝利 1.07.7 ▲1.2

速めの流れになった新馬戦では前の馬の脚が止まったところを
好位からキレ良く伸びて完勝。
自身のペースもそれなりに速いところから伸びたことは評価して良さそう。
時計の面で今回のメンバーの後塵を拝していますが、余力がどこまで
あるかがポイントになりそう。 △or〇

ホウライアキコ】牝2 (栗東) ヨハネスブルグ×(サンデーサイレンス)
新馬戦(小倉1200m) 1.07.8
12.3-10.7-11.0-11.3-11.1-11.4
前半600m 34.0
後半600m 33.8
翌日に行われたレースとの比較 3歳未勝利 1.07.7 ▲0.1

非常に速い時計で新馬戦を逃げ切り勝ち。
前半の時計はそれほど速いわけではなく、芝状態の良さが影響している内容。
余力十分に脚を伸ばせたことは高く評価出来ますが、
ペースアップがどう影響するか・・・。
時計が掛かる馬場状態、天候の崩れなどは逆にプラスに働くかもしれません。〇

マイネヴァリエンテ】牝2 (栗東) コンデュイット×(マイネルラヴ)
未勝利戦(小倉1200m) 1.08.3
11.9-10.5-11.2-11.5-11.5-11.7
前半600m 33.6
後半600m 34.7
翌日に行われたレースとの比較 3歳未勝利 1.08.0 ▲0.3

新馬戦では好位の前を追走し、前の馬に突き放されて3着に敗れてしまいましたが
続くレースではハナを切ってペースアップ。キレ勝負にしなかったことが
見事に結果に繋がった印象です。血統的にも消耗戦に強そうなので
同型の馬と張り合ってどこまで・・・ 〇

メイショウカフウ】牡2 (栗東) スタチューオブリバティ×(バブルガムフェロー)
新馬戦(小倉D1000m) 1.00.5
12.4-11.0-11.9-12.3-12.9
前半600m 35.3
後半600m 37.1
翌週に行われたレースとの比較 3歳未勝利 0.59.5 ▲1.0

新馬戦ではハナを切って4馬身差の逃げ切り勝ち。
血統的に芝への対応力も期待出来そうではありますが、
距離延長、大幅なペースアップとなると、対応力があるかどうかは
まったく不明。それほど高く評価出来る内容でもないだけに・・・ ×

ラブリープラネット】牡2 (栗東) ダイワメジャー×(トワイニング)
新馬戦(中京1200m) 1.11.2 稍重
12.6-11.2-12.2-12.1-11.5-11.6
前半600m 36.6
後半600m 34.6
翌日に行われたレースとの比較 3歳未勝利 1.10.4 ▲0.8 

新馬戦は湿った馬場になりましたが、後半に鈍っておらず、
時計の遅さは芝状態ではなく、下りでブレーキを踏んだためだと考えられます。
前の馬が止まったところを中段から差し切って勝ち上がりましたが
小回りの競馬場に代わる点、ペースアップなど不安材料が多そう。 ×

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック