けいけん豊富な毎日

新潟記念(年齢別実績)   担【けん♂】

新潟記念(新潟2000m)について見ていきたいと思います。

年齢別実績:新潟記念(03年~)】
新潟記念年齢

4歳馬が4勝、5歳馬が3勝と拮抗。
4歳馬は11年、07年、04年の3年間は出走が無いわけで
実質7年で4勝というのはかなり高確率だと言えそうです。
10年には1頭しか出走していなかった4歳馬のナリタクリスタルが
勝っていました。

3歳馬は出走自体が少なく、結果も出ていませんが
古馬に関しては若ければ若いほど良い、という傾向が出ていると
考えられます。

4歳馬を除けは・・・5歳馬が中心。
連対率、複勝率も高く、重要視して良さそうです。

6歳馬の勝利は4歳馬の出走がなかった04年。
表には入っていませんが同じく4歳馬不在の01年にも勝っています。
この年は5歳馬も3頭しか出ておらず、平均年齢が高いことが
影響したと考えられます。
基本的にはヒモまで、で考えた方が良さそうですね。

7歳以上の馬は若い馬が極端に少なかった01年に3着に入ってから
間が空いて、09年にホッコーパドゥシャが初勝利を挙げ、
10年にはトウショウシロッコが2着。
11年も7歳になったサンライズベガが2着に入り、
昨年はせん馬ながらトランスワープが勝利。
近年になって高齢馬の活躍が目立ってきている、というのは微妙ですが
若い馬の実績や出走頭数が少ないときには要注意。
特にリピーターには注目したいと思います。

今年の登録馬の年齢

★7歳

★6歳
エクスペディション
カリバーン
コスモネモシン
トレイルブレイザー
ニシノメイゲツ
ラッキーバニラ
レインスティック

★5歳
アカンサス
カルドブレッサ
ダコール
ファタモルガーナ

★4歳
サンシャイン
ニューダイナスティ
ブリッジクライム

★3歳

登録の時点で14頭・・・寂しいメンバー構成になってしまいました。
高齢馬もいないし、3歳馬も不在。
年齢面での絞込みは難しいですが、若い馬の勢いを実績のある
6歳馬がどう受け止めるか、という感じになりそうです。

【性別実績】
新潟記念性別


出走頭数が少ない割に牝馬が2勝。
複勝率まで考えると牡馬が優勢ですが、勝率、連対率では拮抗しています。
牝馬の一発には注意したいところです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック