けいけん豊富な毎日

新潟2歳S(対策について)   担【けん♂】

新潟2歳S(新潟1600m)の勝ち馬及び、2着馬のその後の成績を見てみれば
抜きん出た実力で重賞を勝った
という例が少ないことは(残念ながら)明白。
昨年の勝ち馬ザラストロ、2着馬ノウレッジもその後はかなり厳しい成績
なってしまっています(>_<)

まだ不安定な時期に不安定な馬同士が競い合うレースだと考えれば
前走の内容うんぬんを吟味するよりも、「バクチ」だと見切った方が
いかもしれない・・・ということで、昨年はかなり無茶な攻略法?を
考えて試してみました。

以前は堅く決まることも多かったレースですが、近年になって
凄まじく荒れるレースが多発。それだけ考察上では考えにくい
穴馬の激走が続いている、という傾向になっています。
直近の7年間のデータを取ってみると・・・

新潟1400mを経験している馬の出走頭数(1600m未経験)
06年 6頭
07年 6頭
08年 5頭
09年 7頭
10年 8頭
11年 6頭
12年 5頭

新潟1600mを経験している馬の出走頭数
06年 4頭
07年 6頭
08年 1頭
09年 5頭
10年 3頭
11年 3頭
12年 3頭

★上記の馬を馬連BOXで買った場合の投資金額(1点100円として)
06年  4500円
07年  6600円 
08年  1500円
09年  6600円
10年  5500円
11年  3600円
12年  2800円

★各年の新潟2歳Sの馬連の配当
06年  7680円
07年 44860円
08年   不的中
09年  7500円
10年 29400円
11年   950円
12年   不的中

収支
06年  3180円
07年 36260円
08年 ▲1500円
09年   900円
10年 23900円
11年 ▲2650円
12年 ▲2800円
合計  59290円

この買い方で外れる08年の投資金額が偶然少なくなっていることもあって
大幅に黒字収支となっています。
11年は堅く決まってしまい、的中しても赤字になっている上に
この方法を試した途端、昨年は2回目の不的中になっている点が
泣けるところですが(爆)基本的には単年で見ても的中さえすればなんとか
黒字になることが多くなっています(^^)

10頭BOXとか12頭BOXだとか・・・かなり無理があり過ぎるわけですが
配当が爆発的になりやすいだけに、こんな無茶な戦略が通用してしまう
というのが恐ろしいところ。

どうも人気馬でも実力の程は怪しいぞ・・・と思われる年は
この戦略を使って大きくバットを振り回す、というのも手かもしれません。

悩ましい点があるとすれば・・・中京1400m組の扱い。
昨年、初めて改装後の中京を経験した馬の参戦があったわけですが
4頭中1頭がいきなり3着に飛び込んできていました。

馬連で考えているので、3着は関係ないことになりますが、
今後を考えると、もしかしたら関西馬にとっての好ステップに
なってくる可能性がゼロではない・・・感じ。

まだ今年の出走予定馬についてはしっかり見ていませんが、
どうやら中京1400mを圧勝したハーブスター
1番人気になる見込みのようです。

あえて見切ってバットを振り回すのか、それとも日和って
この路線も組み入れるのか・・・悩ましいところですね(^^;

まぁ・・・外れて元々、というホームラン狙いのための戦略
(というほどのものではありませんが)なので、
1番人気を切り飛ばせることでドキドキしてみるのも面白そうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック