けいけん豊富な毎日

安田記念の考察を始める前に   担【けん♂】

さて今週は再び古馬の出番、安田記念(東京1600m)が行われます。

国内マイル路線の低迷が続いている印象ですが、今年はどの馬が
主役になるのか・・・悩ましいところ。

今年の登録馬を見てみると・・・

短距離路線からはサクラゴスペル及び、怪物ロードカナロアが参戦。
基本的には短距離馬には厳しいレースだと考えていますが、
ロードカナロアクラスとなると、もしかして・・・がありそうで
怖いですね(^^;
ここをこなせたら今後の進路にも変化があるかもしれませんが、
逆にせっかくの馬だけに、無理をして調子を崩さないか心配もあります。

中距離路線からはショウナンマイティ、ダークシャドウ、ナカヤマナイト
うーん、こちらも違和感たっぷりのメンバーです(笑)
過去にはダイワメジャーは安田記念を勝ったあとに天皇賞秋も制覇。
逆に言えば、天皇賞秋でも期待出来る馬は安田記念でも
好走があるかもしれないような気がしないこともなきにしもあらずんば・・・
どっちだよ!(+`・д・)≡○)゚д。)ノスイマセン

スタミナを必要とする、という意味合いからすれば十分に好走の余地が
ありそうですが、あとは極限のスピード勝負で流れについて
行けるかどうかがポイントになりそうですね。

ヴィクトリアマイルを制したヴィルシーナもマイルGⅠ2冠目を目指して登録。
今年も速いペースにならなかったヴィクトリアマイルと安田記念では
同じ条件でもラップがまったく異質になる可能性大。
特に前につける脚質のヴィルシーナがここで連続好走するとは
ちょっと考えにくい・・・というのが週初めの直観です。
牡馬に喝を入れる激走があるか、注目したいと思います。

3歳馬のエーシントップも巻き返しを狙って参戦。
NHKマイルでは1番人気を裏切って7着に敗れてしまいましたが、
軽斤量を武器にリアルインパクトの再現を狙いたいところ。
ハイペースが合う馬ではないだけに、果たして?
個人的にはマイネルホウオウやフラムドグロワールが出てきたら
チャンスがあるような気がしたんですけどね・・・。

付け加えて香港からの刺客も2頭が来日。
こちらは後ほど改めて見直してみたいと思います。
香港馬に関してはおおよそのガイドラインが考察出来ていますので
今年もそれに沿って取捨を選択する予定です。

なんか・・・おかしな意味で混戦状況ですね(爆)

マイラーがプライドを見せるのか、短距離の王者が距離を克服して
さらに上のステップに進むのか、はたまた中距離の雄が底力を
見せてくるのか・・・。

今週も大いに楽しんでいきたいと思います(^^)/
どうぞよろしくお願いいたします♪

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

最強マイラー決定戦というよりも
宝塚記念の前の
“ジュニアオールスター”という様相ですね〜

ワシヲ | URL | 2013年05月28日(Tue)06:39 [EDIT]


>ワシヲさん
まさしく、ですね~
色んな方面からの参戦は面白いのですが、
考察する側からすると悩ましいです(笑)

けん♂ | URL | 2013年05月28日(Tue)09:20 [EDIT]


 

トラックバック