けいけん豊富な毎日

ダービー(展開分析3)   担【けん♂】

03年以降に良馬場で行われたダービーとオークスの上位馬の
4コーナー位置取りを比較してみました。

★ダービー
   1着 2着 3着
先行  3  5  3
好位  0  1  0
中段  2  1  2
後方  3  1  3

★オークス
   1着 2着 3着
先行  0  1  1
好位  2  4  0
中段  3  3  2
後方  3  0  5

パッと見ではっきりわかるのは・・・ダービーでは前につけた馬が
馬券に絡んでいるということ。
オークスでは先行して勝った馬がゼロであることと比べるとダービーの3勝。
2着5回
という成績は完全に異質です。

後方からも届いていますので、前か後ろの極端な位置取りが有効になっていると
考えられます。
要は前で実力馬が踏ん張り、中途半端な馬が振り落された隙に
後方の馬が突っ込んでくる・・・そんな構図だと思われます。

カーブの出口までの加速

     ~0.1 0.2~0.4 0.5~(秒)
ダービー  3   1   (回)
オークス  5   2   

カーブの頂点から4コーナー出口にかけての加速度を比較してみました。

オークスではほとんど加速が入っておらず、0.5秒以上の加速があったのは
1回だけ。その1回も13.4→12.7と超ドスローからの加速なので、
早仕掛けというより当たり前の展開・・・
出口で12.7ではペースアップしたとカウントするのは逆にどうかと(爆)

ゆったりと脚をためる形になりやすいオークスに対し、
ダービーでは0.5秒以上の加速が入っているのが4回
これが前の馬が馬券に絡む要因になっていると考えられます。

平均ラップ比較
ラップ比較

グラフで見てみるとわかりやすいですね。
大きな違いは後半1000mに差し掛かった部分からの軌跡。
4コーナー出口に向けてゆったりと脚をためる形になりやすい
オークスに比べて、ダービーでは明らかに早目に仕掛けて
加速しながら進んでいる
ことがわかります。

今回のダービーでも同様に早目に仕掛けて縦長の隊列になるのであれば
例年通り、前の馬が馬券に絡む公算は高そうです。

中心は前につけられる実力馬、3連系の馬券を意識するなら
末脚のある馬をヒモに選ぶ、という感じで考えたいところかと。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック