けいけん豊富な毎日

ダービー(血統的雑感)  担【けん♂】

エピファネイアの父シンボリクリスエスは青葉賞を勝っているものの、
セントポーリア賞2着、ゆりかもめ賞3着と取りこぼし。
ダービーでも2着と敗れていました。
その後、天皇賞秋を制しているものの、03年のJCでも3着と
東京2400mのGⅠでは結局勝ち切れていません。
ダート専門だったサクセスブロッケンはまだしも、
アリゼオ、モンテクリスエスなど、産駒のダービー挑戦は
ことごとく失敗
しているわけで血統的には不安が大きそう。
母のシーザリオは同条件のオークスを凄まじい脚で制しており、
母の力で父の不足をカバー出来るでしょうか。

コディーノ、ラブリーデイの父キングカメハメハはNHKマイルと
ダービーを連覇した2冠馬。産駒ではローズキングダムの2着が最高で
ルーラーシップ、トゥザグローリーといった馬は複勝圏に入れず仕舞い。
親子制覇の夢はまだ達成されていません
キングマンボの系統ではエイシンフラッシュがダービーを
制しているわけで、縁がある系統・・・という感じではありますが
キングカメハメハが勝ったダービーはハイペースの前崩れ、
エイシンフラッシュが勝ち、ローズキングダムが2着に入ったダービーは
超スローの瞬発力勝負・・・どちらも末脚の威力がモノをいった
感じなのが面白いですね。
ちょっと異質な流れになった方が合うのかも。

ロゴタイプの父ローエングリンはダービーを含めて
東京2400mに縁がありませんでしたが、その父シングスピールは
96年にデットーリ騎手を背にJCを制覇。
もう少し遡ってサドラーズウェルズの系統、というところまで
考えればオペラハウスを経由してメイショウサムソンがダービーを制覇。
うーん、微妙ではありますが大舞台に強い印象ですね(^^;
サムソンズプライドはメイショウサムソンの産駒として
親子制覇を狙いたいところ。

キズナ、ヒラボクディープの父ディープインパクト
言わずと知れた3冠馬。ダービーも勝っていますし、
古馬になってJCを制しています。
東京2400mでは歴代最強?!とも思える馬でした。
昨年は2年目の産駒のディープブリランテがダービー親子制覇を達成
3着トーセンホマレボシ、4着ワールドエースと上位に産駒が入線しており、
適性にはまったく問題ない血統だと思われます。

タマモベストプレイ、メイケイペガスターの父フジキセキの産駒は
短距離、マイル周辺で活躍馬を多く出していますが、
ドリームパスポートが06年のダービーで3着、同年のJCでは
ディープインパクトの2着と健闘。この条件でも活躍馬が出ています。
近年ではサダムパテックが1番人気を裏切って7着に敗れてしまいましたが、
もう少し遡るとダノンシャンティが取り消さなければもしかして・・・
があったかもしれません。
まぁとりあえず、勝ち切れていないものの素質馬ならば
馬券圏内があっても・・・という感じでしょうか。

アクションスター、ペプチドアマゾンの父アグネスタキオン
皐月賞を勝って・・・残念ながら引退。
同世代では完全に抜けていたので、順調ならばダービー馬に
なっていたかもしれませんね。前兄のアグネスフライトも
ダービーを勝っています。
産駒ではディープスカイがNHKマイルとダービーの変則2冠を達成。
この夏に種牡馬として産駒がデビューしますが、早世したアグネスタキオンの分まで
活躍出来るか注目です。
ただ・・・それ以外は割合牡馬は活躍馬が出ておらず、
昨年は素質馬グランデッツァが10着に敗れてしまっています。

ミヤジタイガの父ネオユニヴァースは皐月賞、ダービーを勝った2冠馬。
産駒のロジユニヴァースは皐月賞の大敗から巻き返して不良馬場の
ダービーで親子制覇を達成。
ヴィクトワールピサもダービーで3着と健闘・・・というか
こちらは超スローペースに巻き込まれた感じかも。
皐月賞を含めて春のクラシックに強い血統、というイメージですが
実のところ、2400mだとちょっと長い感じがあり、
余程抜けた馬じゃないとちょっと厳しいのかも・・・。

フラムドグロワールの父ダイワメジャーは皐月賞を勝って
ダービーに臨みましたが、6着に敗れてしまいました。
その後、古馬になって咽喉鳴りから回復してから安田記念、
天皇賞秋と東京コースのGⅠを勝ちましたが、一時は中山専用機
というイメージの馬だったわけで、ダービー、東京2400mとは
少々縁が薄い血統というイメージです。

マイネルホウオウの父スズカフェニックスはクラシック戦線には
参加することすら出来ず・・・。2000m級のレースにも
出走していたものの、最終的に勝ったGⅠは高松宮記念。
ダービーとは縁がない血統だと思われます。

ダービー馬はダービー馬から」という格言がありますが
過去にこれを達成したのは

・カブトヤマ→マツミドリ
・ミナミホマレ→ゴールデンウエーブ
・ミナミホマレ→ダイゴホマレ
・シンボリルドルフ→トウカイテイオー
・タニノギムレット→ウオッカ
・ネオユニヴァース→ロジユニヴァース
・ディープインパクト→ディープブリランテ


という7回(種牡馬としては6頭)しかないんですよね。

今年は記念の第80回目のダービー。
8回目の親子制覇を観ることが出来るのか、それともまったく
違う結果となるのか・・・。そんなことにも注目しながら
ダービーを楽しんでみたいと思います(^^)g

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック