けいけん豊富な毎日

天皇賞春(前哨戦評価)  担【けん♂】

天皇賞春(京都3200m)出走馬のこれまでのレースについて
ざっとコース別に比較して評価をしてみたいと思います。

★京都
京都

スローから急流になった京都大賞典は最後の2ハロンで
前が止まる展開。後方から差したメイショウカンパクは
高く評価出来ません。
ある程度締まったところから加速しつつ、最後まで脚が
止まっていない京都記念は高評価。
日経新春杯も足が鈍っていない点は評価出来ますが
ペースが少し緩い分、ちょっと評価ダウン。
万葉Sはスローから後半に締まった流れになった点は評価出来ますが、
最後に脚が止まっており、後方から差したデスペラードは
展開がハマった印象。
菊花賞はスローからの加速度が低く、後半のペースとしては
評価出来ませんが、中盤が締まった流れになっており、
レースの全体レベルとしては非常に高井内容。

京都記念≧菊花賞>日経新春杯>万葉S>京都大賞典

★中山
中山

スローから加速して最後に止まったAJCCはロングスパート
という面では興味深いものの、レースレベルは低め。
スローで脚が止まったステイヤーズSは評価出来ず。
淡々と流れつつ最後まで止まらなかった有馬記念、
さらに加速度が高く、最後に伸びている日経賞は高く評価出来そう。
距離の違いはあるものの、速いペースで最後まで
逃げ切った湾岸Sはちょっと凄いかも・・・。
ただし、サトノシュレンは騎手が乗り代わるのが大きなマイナス材料(T_T)

湾岸S≧日経賞>有馬記念>AJCC>ステイヤーズS

★東京
東京

3ハロンの急加速勝負になったメトロポリタンSは
最後まで止まっていないものの、レベルは低目。
ダイヤモンドSは最後に脚が鈍っており、差してきた
上位馬の評価は高くつけられません。
締まった流れで前が止まらなかったJCは強烈。
加速度の高い展開となったアルゼンチン共和国杯は
レベル的には評価できるものの、ムスカテールは
最後が止まったところを差しているので展開がハマった感。

JC>>アルゼンチン共和国杯>ダイヤモンドS≧メトロポリタンS

★阪神内
阪神内

後半に淡々と流れる展開になった阪神大賞典を中段から
捲り上げていったゴールドシップはグラフよりも
もっと速い脚を使っていますが、最後の脚は微妙。
トウカイパラダイスは急流になった大阪杯を前で
踏ん張りましたが4着。こういう展開でこその馬で
京都に代わればもうひと踏ん張りが期待出来そう。

大阪杯>阪神大賞典

★阪神外
阪神外

過去の神戸新聞杯の中ではかなり締まった流れになった中、
さらに速い脚で捲り上げたゴールドシップの能力は
高く評価出来ますが、最後は消耗戦で脚が止まる感じ。
大阪ハンブルグCは極端に前が止まったところを差した形。
レッドデイヴィスは評価出来ず。

神戸新聞杯>>大阪ハンブルグC

ざっとまとめ
ゴールドシップの捲りに巻き込まれると極端な消耗戦
持ち込まれて最後に脚が止まる感じになっていることが多い印象。
先に仕掛けて止まらない展開になった場合に果たして
どうなるかは・・・微妙かもしれません。
トーセンラー、フェノーメノにも十分にチャンスあり、だと
思われます。
興味深いのはサトノシュレン
前走は戸崎騎手の積極的な騎乗が思いっ切りハマった感じですが
こんなレースが出来るなら本番でも一発があっても驚けないかも。
今回は幸騎手に乗り代わり。前半から積極的に行く可能性が
ありますが、逆に後半は下りでも加速度が低い展開を作りそう。
この馬の能力を活かす騎乗が出来るかはかなり微妙な気が・・・。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック