けいけん豊富な毎日

ドバイシーマクラシックを終えて  担【けん♂】

ジェンティルドンナは惜しい2着/ドバイシーマクラシック

31日2時20分(現地21時20分)、UAEドバイ・メイダン競馬場で行われた
ドバイシーマクラシック(GI・芝2410m・1着賞金300万USドル)に、
日本から桜花賞・オークス・秋華賞の牝馬3冠、ジャパンCを制して
2012年の年度代表馬に輝いたジェンティルドンナ(牝4、栗東・石坂正厩舎)と、
現地での前哨戦を一叩きして挑むトレイルブレイザー(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)の
2頭が出走した。

岩田康誠騎手を背に、11頭立ての8番枠からスタートしたジェンティルドンナは、
好スタートを決めて道中3番手の外目から運び、4コーナーもいい手応えで回って
最後の直線へ。直線半ば、2番手追走から先に抜け出したセントニコラスアビー
(牡6、愛・A.オブライエン厩舎)が内、ジェンティルドンナを外にして
2頭が後続を引き離しての追い比べとなるが、残り100mで振り切った
セントニコラスアビーを捕らえ切れず2着に敗れた

なお、武豊騎手騎乗のトレイルブレイザー(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)は、
道中5番手を追走するも直線に向いて伸びを欠き、最下位11着に敗れた。

ジェンティルドンナは、父ディープインパクト、母ドナブリーニ、母父Bertolini
という血統。昨年、ジャパンカップで2011年のクラシック3冠馬にして、
凱旋門賞2着馬のオルフェーヴルを破り、GI4勝を挙げた日本の新女傑の今年の初戦。
実績から現地でも堂々の1番人気に推されるなど、レース前から抜群の注目度を
集めての出走になったが、厳しいアウェー戦を改めて感じさせる2着に敗れ、
昨年の桜花賞から続いた連勝は5でストップとなった。

【岩田康誠騎手のコメント】
悔しいです。日本と違うゲートに戸惑い、出遅れてしまいました。
弾むように走っていたので、芝は問題なかった。最後も捕まえられると思ったのですが、
道中掛かっていた分、伸び切れませんでした。それでも世界と戦える手応えは
つかめましたし、次はもっと強いジェンティルを見せたいです。

【武豊騎手のコメント】
スタートもよく3コーナーまでは思い通りでしたが、そこから付いて
いけなくなってしまいました。コンディションでしょうか・・・。残念です。

(netkeiba.com)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
うーん、本当に残念無念(T_T)

道中、外外を周らされた影響がどうかとは思いましたが。
掛かり気味だったということで直線前に力を使ってしまったのが
最後の伸びに影響したのかもしれませんが・・・
個人的には欧州馬の底力をまたもや観せられたような気がしました。

ディープインパクトが凱旋門賞で後方から追い抜かれたのも衝撃でしたが、
昨年のオルフェーヴルもあれだけ完璧に抜け出しながらも追いつかれて、
追い抜かれてしまう・・・。

今回のジェンティルドンナも追いつきそうで追いつけない・・・
タフというか、スピードの維持力最後のもう一伸び
一味違うというか・・・

日本でならあっさりと突き抜ける、もしくは一旦前に出たら
誰もついて来れない、という展開が確信出来るレースでも
欧州のトップクラス相手だとどうも勝手が違う気がします。

言い方は変かもしれませんが、違和感を感じてしまうんですよね。
自分が今まで観てきた競馬の常識ではあり得ないような展開&結末。
あれ?おかしい、なんでこうなるの?

極端な言い方かもしれませんが、
キレに特化しようとする日本の競馬の目指す方向と
タフな脚を延々と使うことを目指す欧州の競馬の質の違いなのかもしれない
と個人的には感じました。

仮にセントニコラスアビーがJCに参戦してもジェンティルドンナが
あっさり勝つ・・・ような気がします(個人的な考えです)
でも、凱旋門賞やキングジョージSでは・・・わからない、
そんな感じでしょうか。

セントニコラスアビーは欧州でもトップクラスの馬ではありますが、
決してトップの馬ではありません。
さらに強力で欧州競馬に特化した怪物たちが凱旋門賞では
待ち受けているわけで、ジェンティルドンナ及び、その陣営にとっては
本当に良い経験になったのではないでしょうか。

まずは無事に帰国して、秋の開花に向けて頑張っていって
貰いたいものですね(^^)g

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お久しぶりです

けん♂さんお久しぶりです!
いや〜残念でした…
全然惜しい2着じゃあないんですよね…最後突き放されてしまいましたし
けん♂さんの仰るとおり実力というより質の違いだと感じました

ゴールドシップなら…どうかなぁ〜

ザルカゔぁ〜 | URL | 2013年03月31日(Sun)12:05 [EDIT]


ん~…着差以上に差があるように感じました。
ドバイは日本的な強い馬が通用する舞台かと思いましたがしょうがないですね。

でも今の日本には狂気の馬オルフェーブル、スタミナお化けゴールドシップがいます。
ゴールドシップは個人馬主ですから大変かもしれませんが、是非とも凱旋門で見てみたいです。ロンシャンはゴールドシップのベストパフォーマンスの見れる競馬場だと思うのですが・・・

Mr.T | URL | 2013年03月31日(Sun)17:29 [EDIT]


道中外目を回って途中で武騎手が下げて迎え入れた(ように見える)んですが初のナイター海外遠征で経験値の差が最後に出たように思います
今回の色々な経験が今後に繋がってくれるなら楽しみが大きいですね
ちょっと期待され過ぎた感が強すぎますが一番厳しいレースをしての負けなのでそこまで悲観する内容じゃなかったんではないでしょうか(^o^)

たむたむ | URL | 2013年03月31日(Sun)21:50 [EDIT]


>ザルカヴぁ~さん
本当に残念でしたね。
あの手応えなら、そのまま突き抜けてもいい感じだったのに
予想以上にセントニコラスアビーの脚が止まりませんでした。

力、というより質の違いを感じましたが
なんとか秋にはリベンジして貰いたいものです。
ステイゴールド産駒ならもしかして、という感じがしますね。

けん♂ | URL | 2013年04月01日(Mon)01:22 [EDIT]


>Mr.Tさん
私もシーマクラシックは狙い目、と常々
考えていたのですが、そんな簡単なものでは
ありませんね(^^;やっぱり国際G1となると
レベルが高いです。

スタミナにモノを言わせるタイプ、
おっしゃるとおりゴールドシップやオルフェーヴルは
そういう点で欧州向きなのかも。
ドバイでもあっさり、があったかもしれません。
秋を楽しみにしたいですね。

けん♂ | URL | 2013年04月01日(Mon)01:23 [EDIT]


>たむたむさん
スタートは逆に武豊騎手が突っ張って
外を回された感がありましたが、岩田騎手も
慣れない中での競馬でどこか緊張が馬に
伝わってしまったのかも・・・。

おっしゃるとおり悲観はしなくていいと思います。
次の課題が見えた、ということで
ジェンティルドンナを鍛え直していって
貰いたいと思います(^^)g

けん♂ | URL | 2013年04月01日(Mon)01:23 [EDIT]


実は

現地で観戦しておりました!
直線に入ってから
全然伸びなかったですね

メイダンの迫力と
ドバイミーティングの華やかさ
とても楽しかったですよ〜

ワシヲ | URL | 2013年04月01日(Mon)17:48 [EDIT]


>ワシヲさん
わーお!現地観戦ですか~!
それは凄いですね♪

私もいつか行ってみたいなぁ・・・
またお会いしたときにでも是非
体験談をお伺いしたいものです(^^)/

けん♂ | URL | 2013年04月02日(Tue)09:06 [EDIT]


 

トラックバック