けいけん豊富な毎日

大阪杯(斤量負担分析)   担【けん♂】

大阪杯(阪神2000m)についてもう少し見ておきたいと思います。

実質斤量負担
大阪杯斤量負担

基本的には中型馬が優勢。
実質斤量負担で11.0~11.5%のゾーンの馬が中心。
ショウナンマイティ、トウカイパラダイスは500kgを
超えている点で微妙ですが、斤量との兼ね合いだと
期待出来そうな馬に入ってくると思われます。

11%台後半のゾーンはヒモ候補。
エイシンフラッシュは58kgと斤量が重いのが少し
響いてしまうかもしれません。

12%台前半は重賞実績馬もしくは内回り巧者に
限られてくる感じ。
このレースを勝っているテイエムアンコールは
復活があれば面白いですが・・・さすがに年齢的に厳しそうです。

ヴィルシーナは馬体重の面で厳しいですが、休養明けで
おそらく馬体増で出てくると思われます。
秋華賞の実績を考えると内回り巧者・・・の枠に入れても
いいかもしれません。

12.5%を超えると厳しくなりますが、オルフェーヴルは
実績的にも規格外。
斤量に対する耐性が高いステイゴールド産駒ですし、
気にする必要はなさそうです。

500kgを大きく超えている馬はヒモ候補。
ダークシャドウは太目になりそうな面も含めて
勝ち切るまでは・・・

※2日ばかり寝ていないので一旦一眠りしてから
 改めてまとめていきたいと思います(*+_+)ノ・・・ネ・・ネムゥ・・・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック