けいけん豊富な毎日

ドバイワールドC展望part1   担【けん♂】

今週は遠くアラブの地でドバイワールドCが行われます。
今年も日本から多数の期待馬が参戦。
馬券は買えませんが、本番を楽しむためにもざっと有力視されている馬について
見ておきたいと思います(^^)g

ドバイワールドC(メイダンAW2000m)

圧倒的な人気馬は不在ですが、およそ4、5倍程度で1番人気に
支持されそうなのはゴドルフィン所属のハンターズライト
ローマ賞を勝ってGⅠ馬の仲間入りを果たしたものの、ドラール賞では
シリュスデゼーグルに9馬身差の2着と離されており、芝での能力に関しては
少々疑問もある馬ですが、ドバイ入りしてからはAWで2戦2勝。
どうやら適性が開花した印象です。
国際レーティングは117と低目ですが、勢いで一気に・・・

続く2番人気になりそうなのは米国の強豪牝馬ロイヤルデルタ
BCレディースクラシックを連覇し、前走はGⅢながら5馬身と
ぶっちぎって3連勝中。国際レーティングは121と性差の補正を
考えると実績は2番手の評価の馬です。
昨年のこのレースでは不利もあって9着に敗れているのが不安点。
実績はダートに偏っており、AWをこなせるのかどうかが
ポイントになりそうです。

ケンタッキーダービーを制し、プリークネスSでも2着に入った
米国の雄アニマルキングダムはベルモントSで6着に敗れたものの、
昨秋のBCマイルで2着と復活傾向。
ダート、芝のどちらもこなせる上にGⅢながらAWでの勝利もあるわけで
適性の面で問題がない、という点は大きそうです。
国際レーティングは123と牡馬の2番目タイ。
故障があって思うように使えていませんが米国のトップクラスの
参戦は楽しみですね。

ここまでの3頭はほぼ横並びの評価になりそう。

昨年の勝ち馬で国際レーティングでは126とトップ評価となる
モンテロッソは昨夏のエクリプスSの8着は芝なので仕方ないにしろ、
久々となる前走はメイダンのAWでハンターズライトに12馬身以上離される
9着と大敗して大幅に評価ダウン。11年にも3着に入っている
強豪だけに復活なるかどうか・・・。
昨年の2着馬カッポーニも1年ぶりの出走。
アジュテビ騎手を擁している点は不気味ながら、体調がどうなのか
不安がありそうです。

あとはメイダンで5戦4勝と結果を出しているアフリカンストーリー
国際レーティングではアニマルキングダムに並ぶ123をキープ
しているデュラハン・・・この馬はAWで前走大敗して評価を
落としてしまっています。
前走でハンターズライトに2馬身強の差をつけられながらも
メイダンで5戦3勝、2着2回のカッシアーノ
芝での実績上位馬メオンドル、プラントゥール、トレジャービーチ、
レッドカドー
などにも期待したいところです。

うーん、馬券を売っていたら、非常に面白いレースになりそう・・・(^^;
やっぱり現状の勢いと適性でハンターズライト、アフリカンストーリー
辺りが中心でしょうか。米国のトップクラスが参戦しないと
面白くないのでアニマルキングダムやロイヤルデルタが結果を
出してくれることにも期待したいですね(^^)g

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック