けいけん豊富な毎日

大阪杯(各馬分析2)   担【けん♂】

大阪杯(阪神2000m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

ダークシャドウ】牡6 56.0 (美浦) ダンスインザダーク×(Private Account)
11年の大阪杯では同期の上位馬エイシンフラッシュをかわして2着と健闘。
その後は重賞2勝を含んで連対を外さない好走を続けていましたが、
昨秋のGⅠ連戦では4着、4着、6着と一線級には少し足りない
ところを見せてしまった印象です。基本的には直線が長いコースが得意ですが
キレは一枚不足、内回り、小回りコースだと後方から微妙に
届かない形になりがち。能力は上位なのでヒモ候補としては
押さえておきたい1頭ですが・・・。

テイエムアンコール】牡9 56.0 (栗東) オペラハウス×(ブライアンズタイム)
10年の大阪杯を勝っていますが、続く天皇賞春、そして
長期休養からの復帰以降もずっと二桁着順と厳しい成績が
続いてしまっています。
スタートで前につけても道中にズルッと下がってしまいがち。
末脚のキレもまったくないので、現状では出口が見つからない状況。

トウカイパラダイス】牡6 56.0 (栗東) ゴールドアリュール×(マルゼンスキー)
基本的には道中が緩む形からの急流勝負が得意な馬。
重賞では足りない面を見せていましたが、ここ2戦は前で残って
連続3着と健闘しています。
位置取りが活きる展開になれば粘り込みのチャンスはありそうですが、
本質的には締まったペースは合わないので、レースレベルが
上がってしまうと厳しそうです。

ヒットザターゲット】牡5 56.0 (栗東) キングカメハメハ×(タマモクロス)
昨夏に連勝で新潟大賞典を制覇。基本的には前につける脚質ですが
このところは後方になりがちで、成績も不安定になっており、
宝塚記念以降は5戦中、4戦が二桁着順と失速。
前走の小倉大賞典では差し切って重賞2勝目を達成したものの、
相手関係強化の今回は末脚勝負では分が悪そうです。
パワーがいる馬場が苦手で、平坦巧者。ここは余程展開に
上手く乗らない限り、適性的にも合わないと思われます。

マッハヴェロシティ】牡7 56.0 (美浦) マンハッタンカフェ×(タイキシャトル)
古馬重賞戦線では11年の新潟大賞典での2着が最高位で
あとは掲示板にも届かない成績。ここ6戦は連続二桁着順となっており
年齢的にも急な良化は期待薄。前に寄せても流れについて
行けておらず、結局は後方からになりがち。末脚の伸びがない
現状では出口が見えません。

ローズキングダム】牡6 57.0 (栗東) キングカメハメハ×(サンデーサイレンス)
11年の秋辺りから調子を極端に崩し始め、複勝圏もない成績が
続いてしまっています。10kg以上の馬体重の上下も出ており、
気性的な問題も大きくなっているのかもしれません。
昨年の大阪杯では4着に入っていますが、スローの瞬発力勝負という
最も得意なパターンで届かなかったのは逆にマイナス材料。
復活して貰いたいところですが、休養明けで急な良化は・・・

ヴィルシーナ】牝4 54.0 (栗東) ディープインパクト×(Machiavellian)
デビュー以来、複勝圏を外さない好走を続けており、
ジェンティルドンナさえいなければ3冠馬はこの馬の称号に
なるところでした。
ジェンティルドンナを物差しにすれば牡馬相手でも渡り合える
能力に期待出来そうですし、前々で競馬が出来る脚質も
このレースへの適性を示している印象。
休養明けに大幅な馬体増があるかもしれないので
一発目からは狙いにくいですが、状態次第で一考があっても。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック