けいけん豊富な毎日

竹島問題、強硬手段も辞さず…盧大統領が特別談話 担【けん♂】

『韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は25日、テレビ演説を通して、対日関係に関する特別談話を発表した。

 盧大統領はその中で、竹島(韓国名・独島)領有権問題に関し、「韓国政府は対応方針を全面的に再検討する」と述べ、小泉首相の靖国神社参拝、歴史教科書問題などと共に、歴史認識にかかわる問題として、強硬な態度を取る方針を表明した。

 大統領が、対日関係に関して談話を発表するのは、昨年3月、島根県の「竹島の日」条例制定を巡って領土問題や歴史教科書問題に対する断固とした態度を表明して以来。竹島周辺海域での日本の海洋調査を巡り国内世論の反発が高まったのを受け強硬姿勢を鮮明にしたもので、悪化した日韓関係がさらに冷え込むのは避けられないとみられる。

 大統領は談話の中で、竹島問題に言及し、「日本が独島に対する権利を主張するのは過去の植民地領土権を主張することで、韓国の完全な解放と独立を否定する行為だ」と非難。日韓がともに主張する排他的経済水域(EEZ)問題に絡めて、「独島問題に対し、堂々と対処していく」と述べた。

 大統領は、領土問題などの解決手段として、「物理的な挑発に対しては断固として対応する」と強硬手段も辞さない姿勢を示す一方で、世界や日本の世論に訴えると主張。「日本政府が誤りを正すまで、国家的力と外交的資源をすべて動員する」と強調した。

 大統領は日韓関係について、経済や文化交流が進展しても、日本が「誤った歴史を美化し、その権利を主張する限り、壁を溶かすことは出来ない」との考えを表明した。ただ、日本に対しては「新たな謝罪は要求しない」と述べたうえで、これまでの謝罪に見合った行動を取るよう要求した。(読売新聞)』

韓国は大統領選も近く、ここで反日を強調することで
国内の支持率を上げようとする魂胆が明白なわけですが・・。

それにしても仮にも国家間の問題に関して
<自分たちは正しい、相手の歴史認識は間違っている>
と表明するのって・・・どうなんでしょうね?
諸外国を見ているとそのほうがスタンダードなのかもしれないのですが
【日本人】の感覚からするとやはり常軌を逸してる感が否めません。
相手とのズレがあるのであれば「じゃぁ共同で研究して共通の認識が
持てるようにしましょう」というのが建設的かつ、実利的だと
思ってしまいます。

ちょっと素人の私見。
韓国がここまで反日を押し出してきている理由。
その原点は北朝鮮への「太陽政策」があると思います。
それまで【国家の敵】は明白に北朝鮮(金正日)だったわけですが
金大中時代に太陽政策を打ち出し北朝鮮の敵意をそらす作戦
出たわけです。実質的には

「太陽政策」とは【手段】であり、【本来の目的】は「打倒!北朝鮮」

でスタートしたはずでしたが
国家をあげて融和政策を行ってしまったために
国民感情自体が「融和路線」になじんでしまうという皮肉な結果に
陥ったのだと思います。

国民を巻き込んだために今度は世論が北朝鮮支持になってしまい、
引くに引けない状況・・・本来仮面だった「太陽政策」
はずせなくなってしまったわけですね。
そうすると、今度は自分達の国内政策に対する不満をガス抜きするための
スケープゴートが必要になってきたわけです(国民感情が激しい国だしね)
そこで・・・
   
反日ですよ

そしてまた、引くに引けなくなってきていると(笑)
ま、笑い事じゃないんですが・・(^^;
【手段】の「反日」がいつのまにか【目的】に摩り替わっている・・

ほんとに学習効果のない国ですね(笑)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック