けいけん豊富な毎日

種牡馬データ(ハーツクライpart2)   担【けん♂】

古馬になってからのデータがたまってきたところで
ハーツクライについて種牡馬データをまとめ直しておきたいと思います。

2年目の産駒から傾向が変わってくることもありますし、
(キングカメハメハ、ディープインパクトは距離適性に変化あり)
年齢を重ねてくるとまったく違う産駒が出始めることもあるので
今後もデータについては更新をしていきたいと考えています。

競馬場別実績
ハーツクライ競馬場

前回のデータでも感じたことですが・・・異常に達成率
(3番人気以内の馬が3着以内に来る率)が高い優秀な成績。
人気を背負った馬が裏切りやすいのは小倉競馬場のみ、となっています。

特に東京、阪神での信頼度が高いのは大きいですね(^^)g

さらに穴馬率(3番人気以下の馬が3着以内に入ってくる率)も
異様なまでに高くなっており、軒並み20%オーバー。
人気薄でもまったく侮れません。

極端に穴馬率が低いのは・・・京都内回り
純粋な複勝率でも最低の成績になっており、この設定では
信用できないので要注意。

全体的に直線が長いコースが得意な傾向がはっきりと出ており、
京都、阪神、新潟では内回りより、外回りが優秀。
中山よりも東京が得意、という数字になっています。
コース形態が変わった中京の成績も素晴らしいですね。

洋芝適性は高くありませんが、苦手ということもなく、
特にタフな函館競馬場の方が札幌よりは良好。
特にここでは人気薄に注目したいですね。

同じく阪神外、福島、新潟外では特に人気薄が狙い目。
積極的に狙いたいところです。

距離別実績
ハーツクライ距離

巷でも言われ始めていることですが、長距離実績の高さは
とんでもない
ことになっています(爆)
信頼度が高いだけでなく、穴馬率は30%オーバー!
純粋な複勝率も50% \(◎o◎)/!

明らかに距離は延びれば延びるほど成績上昇。
ステイゴールドのような成績の出方ですが、さらに数字は
優秀になっており、ステイヤー種牡馬として大いに
期待出来そうです。

中距離の成績も優秀ですが、マイル周辺からガクッと成績が低下。
人気を裏切りやすくなるので要注意。
その意味では牝馬のクラシック戦線には期待しにくい感じが
ありそうです。

短距離は限られた馬だけが走る、という数字。
短距離で実績がある馬の信頼度は非常に高くなっていますが、
人気薄は完全に見切ってよい、と思われます。

馬場別実績
ハーツクライ馬場

良馬場の方が成績は高くなっていますが、湿った馬場も悪くは
ありません。
得意ではないとしても、少なくとも苦手ではなさそうです。

微妙ですが、穴馬を狙うなら良馬場、馬場が湿ったら人気馬を狙う
という感じで良さそうかと。

斤量別実績
ハーツクライ斤量

斤量に対する耐性は非常に高く、重い斤量を背負ったときの
好走率は非常に高くなってます。
上級に出世した馬の信頼度は高く、穴も狙えるので
重賞でも期待出来る種牡馬だと考えられます。

斤量ハンデを貰っての激走、というパターンもあるタイプ。
特に人気薄は超狙い目
ハンデを貰うような馬なので成績自体は比較的高くありませんが、
高配当狙いでちょっと押さえてみても・・・(^^)g

まとめ
・直線が長い競馬場が得意(外回りコース、東京、中京)
・阪神外、新潟外、福島、函館は人気薄を狙ってみたい。
・京都内回りコースが苦手。
・全体的に人気馬の信頼度は高く、人気薄でも侮れない優秀な成績。
・長距離の成績は非常に優秀、人気薄も狙い目。
・マイル周辺では人気をしても信用できない。
・短距離は限られた馬だけ。
・重馬場でも割り引く必要はあまりない。
・上級馬は斤量負けしにくい。
・軽ハンデの激走に要注意、積極的に人気薄を狙いたい。


種牡馬入りする前は血統構成的にステイゴールドっぽい感じになりそうで、
低調な成績ながら限られた大物がドカン!と出るのでは・・・
と予想していたわけですが、良い意味で予想を裏切る超好成績

数字の出方はステイゴールドっぽいですが、ディープインパクト並みに
数字自体が高く、肌馬の質を考えるととんでもなく優秀な種牡馬になる
可能性を秘めている印象。

ウインバリアシオン、ギュスターヴクライに続く大物は
今後も続々と登場してきそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック