けいけん豊富な毎日

稀代の名手の引退   担【けん♂】

大ベテランが、現役を引退する決意を固めた。地方のトップ騎手から、
ルールの壁を越えてJRAへ移籍したパイオニア的な存在、安藤が
1976年に東海公営の笠松でデビューして以来、37年にわたる
ジョッキー人生に別れを告げる。

 移籍後6年連続して年間100勝をマークしていたベテランも
年齢から疲労も考慮して、09年後半から騎乗数をセーブ。
しかし、昨年の夏以降は体重面の調整なども難しくなり、
競馬に騎乗しない週も増加した。
パドトロワに騎乗した昨年11月24日の京阪杯(15着)を最後に、
手綱を執っていなかった。
その去就が注目されていたが、関係者への取材で今月15日から
17日まで行われた栗東での騎手免許更新の手続きを行っていないことが判明。
騎手免許の期限は2月28日までとなっており、この日が52歳の名手の
事実上の引退となる。


同騎手は76年に16歳で笠松で騎手デビュー。
“怪物”オグリキャップの鞍上として知られ、95年の報知杯4歳牝馬特別
(現報知杯FR)をライデンリーダーで制した時に「中央のG1を勝ちたい」
との思いにかられ、地方騎手にも開放されたJRA騎手試験を受験。
01年は不合格だったが、JRAが「過去5年間で中央競馬で
年間20勝以上の成績を2度以上挙げた騎手」の1次試験を免除する
試験要項の改定を行った翌02年に合格した。
03年3月1日に中央でデビュー。30日目には、いきなり
高松宮記念(ビリーヴ)でG1初制覇を達成するなど華々しい活躍を見せ、
翌04年にはキングカメハメハでダービーを制覇。
“アンカツ”の名を世間に知らしめ、これまでにJRA・G1で22勝を含む
JRA重賞81勝(笠松時代の10勝も含む)を挙げているが、
昨年は騎乗回数はわずか153回で14勝をマークするにとどまっていた。

しかし、安藤の活躍の後を受け、小牧、岩田、内田ら多数の地方出身騎手が
中央の門を叩き、今も活躍を続けている。42歳で新たな世界に飛び込み、
先駆者となったアンカツ。
大きな足跡を残した名手が、静かにムチを置くことになった。
★通算成績 6593戦1111勝

スポーツ報知
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年の秋くらいから、納得いく騎乗ができなくなった。
今までどおり騎乗数を絞ることも考えたが、引退を決意しました


安藤勝騎手の引退コメントの裏側には騎手としてのプライド
込められている、と感じます。

納得のいく騎乗・・・これを目標にしている騎手が一体どれくらい
いるのでしょうか。
騎手にはリーディングという実績の指標があるわけですが、
安藤勝騎手はそんなものに目もくれず、とにかく騎乗の質にこだわったことが
このコメントからもよくわかります。
実際、10年こそ確率変動を起こした?横山典騎手に少し及びませんでしたが
09年、11年は勝率、連対率、複勝率の3冠を達成。
まさに質の高い騎乗の結果がそこに出ていました。

数字に表れないものを目標にする、というのは本当に険しい道。
強い馬に乗って、なんとなく勝てた・・・ではダメなんですよね。
自分の力で(馬の力を活かして)勝つ。
勝つために最善の努力をして、しっかり勝たせる。
騎手は馬にとって50kg以上もする「お荷物」ではなく、
馬と力を合わせて最高のパフォーマンスをするためのコンビでなくては
なりません。

レース後に「~しておけばよかった」なんてことを平気でコメントする
騎手もいます。結果からあれこれしておけばなんてことを言うのは
たやすいわけで「しなかった」ことと「やろうとしたけど出来なかった
では内容に雲泥の差があります。
騎手ならばまずは最善を尽くすのは当たり前。
安藤勝騎手の引退はその「当たり前」が出来なくなったからだと
私は思います。

12年度の成績は
・勝率   9.2%( ▲9.6%)
・連対率 20.9%(▲14.2%)
・複勝率 32.0%(▲14.1%)

前年の数字からすると大幅にダウンしていますが(カッコ内は前年との比較)
連対率、複勝率ともに上位10位の中に入っており、十分に一流騎手と
言って良い成績
です。
決して勝てなくなったから辞める、というわけではありません。

07年に初めて騎手データを取ったときは「怪物か!」と
衝撃を受けた記憶がありますが、その当時と比べればたしかに寂しい数字。

年齢、持病からしても元の姿を取り戻すのは難しいでしょう。
以前「一鞍でも要望があったら騎手をしていたい
と語っていたのを聞いたことがありますが、期待に応えられない自分が
迷惑をかけるわけにはいかない、という結論に至ったことに
私は「潔い!」と拍手を送りたいと思います。

本当に残念ではありますが、安藤勝という稀代の名手がいたことを
忘れることはありません。素晴らしい騎乗をありがとう!お疲れ様でした。

ダイワスカーレット&安藤勝騎手
スカーレット

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

自分の本命馬に騎乗のされたときに信頼出来る数少ないジョッキーでした。
勝利ジョッキーインタビューのときの馬を褒め決しておごらない人柄や、武豊TVで見せる天然な感じ、画面を通しても人の良さが伝わってきました。
そんなジョッキーの引退は寂しい限りです。
ライデンリーダーとの牝特は今でも脳裏に焼き付いています。
以前、一生馬に関わっていきたいと仰ってましたので、ぜひ調教師になってもらい、また我々ファンの前に姿を見せて欲しいと思います。
個人的には、武幸四郎騎手とのコンビを期待しています(^_^;)

タカジョー | URL | 2013年01月30日(Wed)19:53 [EDIT]


アンカツの引退

本当にお疲れ様でした…と言いたいと思います。
しかし、非常に残念でした。



もんぺ | URL | 2013年01月30日(Wed)21:01 [EDIT]


お疲れさまでした

明日で引退、ということが発表されました。
すごく残念
せめて、最後の勇姿を見たかったです。
結局2013年は1回も騎乗なしだったんですね。

りっこ | URL | 2013年01月30日(Wed)21:23 [EDIT]


ついに引退か・・・

年齢を考えると仕方無いよね・・・とも思ったり。
それにしても『騎乗の質』に拘る姿勢、今後の若手騎手にも、しっかりと受け継いでほしいものですね。

個人的には安藤勝騎手には『桜花賞』ってイメージが強いですね。ダイワスカーレットやブエナビスタの騎乗には凄いな~と、馬券買った当時を思い出す・・・

安藤勝騎手、本当にお疲れ様でした。

アポロン | URL | 2013年01月30日(Wed)22:19 [EDIT]


感慨…。

ケンさん こんばんわヽ(・∀・)ノ



自分はなんとゆっても唯一ユビキタスとゆう1頭のサラブレットを重賞に導いてくれた騎手なので引退には他ならぬ感慨深いものがありますね。


決めたことは仕方ありませんが…惜別の思いがあります。



ユビキタス | URL | 2013年01月30日(Wed)22:23 [EDIT]


キンカメ×スカーレットの2歳馬に、アンカツさんが乗るのをとても楽しみにしていたこともあり、非常に残念ですが、この潔さに清々しささえ感じてしまいます。アンカツさんは本当にプロフェッショナルなジョッキーだったと思います^ ^

高橋 | URL | 2013年01月31日(Thu)00:50 [EDIT]


>タカジョーさん
おっしゃるとおり、インタビュー一つとってみても
素晴らしい騎手だったと思います。
どうやら調教師にはならないようなので
岡部元騎手みたいな感じでテレビでの解説などにも
登場して貰いたいですね。
騎手の駆け引きなんかを是非聞いてきたいものです(^^)g

けん♂ | URL | 2013年01月31日(Thu)12:44 [EDIT]


>もんぺさん
あの安藤勝騎手がいない、と考えるだけでも
何か心にポッカリ穴があいた気分。
本当に残念です。

これからはまた別の形での活躍に
期待したいですね。

けん♂ | URL | 2013年01月31日(Thu)12:44 [EDIT]


>りっこさん
ずっと姿を見ていなかったのでどこか
悪くしたのかと心配していたのですが
まさか引退とは・・・
最後の勇姿・・・私も目に焼き付けたかったです。
ラストランを告げずに去っていくのも
ひょうひょうとした安藤勝騎手らしい
のかもしれませんが・・・(>_<)

けん♂ | URL | 2013年01月31日(Thu)12:45 [EDIT]


>アポロンさん
たしかに52歳ということを考えると
あのスピードとパワーの中で・・は難しい気がします。
騎手はやはりハードワークですよね。

現在、騎乗回数が少ない若手騎手でも
質の良い騎乗をしていれば必ず見てくれている
調教師なり馬主なりがいるはず。
この馬でどうしたら勝てるのか、考え抜いた
騎乗を心掛けて貰いたいものです。

私も桜花賞でダイワスカーレットを応援していたわけで
その意味でも特別な騎手・・・心からお礼をのべる
とともにお疲れ様でしたと言いたいと思います。

けん♂ | URL | 2013年01月31日(Thu)12:45 [EDIT]


>ユビキタスさん
そうですね!そういえば安藤勝騎手でした。
それは本当に思い入れがある騎手ですね。

何か一つ世界が終わったような寂しさを
感じてしまいます・・・。

けん♂ | URL | 2013年01月31日(Thu)12:46 [EDIT]


>高橋さん
ダイワスカーレットの第2仔はもう来年ですよね、たしか。
私もせっかくなので是非コンビを組んで
暴れまわって欲しいと期待していたので
本当に残念です。おっしゃるとおり「プロ」という
言葉にふさわしい騎手でしたね。

けん♂ | URL | 2013年01月31日(Thu)12:46 [EDIT]


 

トラックバック