けいけん豊富な毎日

東京新聞杯(各馬分析1)  担【けん♂】

東京新聞杯(東京1600m)出走予定馬について見ていきたいと思います。

インバルコ】牡7 57.0 (栗東) Fusaichi Pegasus×(Personal Flag)
ダートの中距離を中心に使われ、11年には重賞でも好走が見られましたが、
昨年は二桁着順に終わるレースも多く、不振に陥っています。
血統からしても明らかにダート向き。推せる材料はないので
ここは登録だけかも。

インプレスウィナー】牡6 56.0 (美浦) フサイチコンコルド×(ブライアンズタイム)
東京では(4-0-1-3)、全5勝の内4勝が東京ということで
コース適性は高いモノがある馬だと思われます。
ただし・・・全て1400mの実績で、距離延長には不安がありそうです。
中段辺りから末脚を伸ばすスタイルで重賞では不足感。
カーリアンの系統だけに、もう少しリフレッシュした状態くらいの方が
良いかもしれません。

ガルボ】牡6 58.0 (美浦) マンハッタンカフェ×(ジェネラス)
昨年のこのレースでは3番手から抜けて古馬重賞初制覇。
安田記念でも5着と健闘しましたが、昨秋は富士S6着、マイルCS16着と失速。
年末の阪神Cで2着と復活しただけに年齢的な問題はないと思われますが
走るときとダメなときが極端なタイプで扱いが難しいですね。
ハイペースを前で踏ん張れる馬ですが、どちらかと言えばマイル戦では
スローの後傾ラップの方が得意なタイプ、先行馬のペース次第で
好走が期待出来そうです。

キングストリート】牡7 56.0 (栗東) キングカメハメハ×(Red Ransom)
11年の東京新聞杯で2着と好走しましたが、昨年は12着と大敗。
大混戦となった朝日CCで4着と頑張りましたが、前と差がないことは
たしかでも、後とも差がないだけに高く評価はしにくいところ。
末脚一辺倒の競馬になってきているので、ハイペースの前崩れになれば
出番があるかもしれませんが・・・

クラレント】牡4 56.0 (栗東) ダンスインザダーク×(ダンシングブレーヴ)
昨秋は休養明けに大幅に増やした馬体を絞り込んで富士Sを制覇。
前半800mを45.9とハイペースになり、前が崩れたところを
中段から差し込んでおり、展開がハマった印象。
続くキャピタルSでは前の馬にまんまと逃げ切りを許してしまい4着に
敗れているわけで、現状では展開に左右される面が強そうです。
例年の東京新聞杯のように前半が緩むようだと差し損ねる危険性が
大きくなりそう。

スマイルジャック】牡8 59.0 (美浦) タニノギムレット×(サンデーサイレンス)
11年のこのレースを制しましたが、その後急激に調子を崩し、
12年の東京新聞杯では最下位に敗れてしまいました。
ダートに挑戦したり、距離を延長したり、前に行ってみたりと
試行錯誤が続いていますが、完全復活とはいかず、昨秋の富士Sでは7着、
キャピタルSでは8着と得意条件でも結果が出せなくなっています。
末脚を活かすタイプなので前が極端に崩れたら出番があるかもしれませんが、
基本的にはペースが合わなそう。年齢的にも厳しいと思われます。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック