けいけん豊富な毎日

シルクロードS(騎手データ分析)  担【けん♂】

シルクロードS(京都1200m)は京都内回りコース。
秋華賞のときに考察しましたが、かなり騎手の力量、慣れが必要になるコースで
限られた騎手が活躍しやすい傾向が出ていました。

ひとまず、シルクロードS及び、京都1200mの重賞での
上位入線騎手を一覧にしてみました。

京都1200m重賞:上位入線騎手】
シルクロード騎手2

※白抜き→今回騎乗がある騎手

やはり複数回名前が登場する騎手が多く、コース適性の高い騎手については
意識すべき設定だと考えられます。

今回騎乗がある騎手の中では福永騎手が掲示板内に7回、
幸騎手が5回、秋山騎手、池添騎手が4回・・・この辺りの名前が
目立っていますね。

上記の重賞について、騎乗回数を元に成績をまとめてみました。

京都1200m重賞成績
シルクロード騎手1

村田騎手、丹内騎手、国分優騎手は京都1200m重賞の騎乗経験なし。
もちろん、突発的に好走する可能性はありますが、馬にとって
プラスになる騎手ではなさそうです。

10回以上の騎乗回数がある騎手の中では福永騎手が最上位評価。
勝率も高く、複勝率の高さは抜けて高くなっています。

秋山騎手は1勝だけと勝率自体は低いですが、複勝率の高さは秀逸。
騎乗馬の質を考えてもコース適性は高い騎手だと思われます。

幸騎手も好成績。福永騎手に並ぶ3勝を挙げており、一発の魅力が
ある騎手だという印象。

池添騎手は・・・京阪杯で1勝していますが、掲示板までで
終わる事も多く、信頼度は低め。
小牧騎手はシルクロードSで1勝しているものの・・・掲示板に
載ったのはその1回だけ(爆)うーん・・・。

騎乗回数が少なめの騎手は評価が難しいところですが、
川田騎手は1勝、2着1回と頑張っており、評価して良さそう。

酒井騎手は4鞍で1勝、武豊騎手は7鞍で1勝。
突発的な好走という評価をするか、騎乗回数が増えれば成績が上がるのか
判断は微妙なところ。

リーディングを取った浜中騎手は6鞍で4着が1回あるだけ。
かなり厳しい評価になってしまいます。

★騎手の力量がプラスになりそうな馬
・マジンプロスパー(福永)
・アイラブリリ(幸)
・レジェトウショウ(秋山)
・ダッシャーゴーゴー(川田)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック