けいけん豊富な毎日

シルクロードS(展開分析2)  担【けん♂】

シルクロードS(京都1200m)の出走馬が発表になりました。

パッと見、先行脚質の馬はかなり少な目
逃げる可能性があるのは・・・アイラブリリ、マジンプロスパー
くらいしか見当たりません。

枠順にもよりますが、おそらくはアイラブリリが先手を取ることに
なりそうです。

アイラブリリには引き続き幸騎手が騎乗。
ここ2走はちょうど京都1200mと同条件だっただけに、
ペース配分などはそのまま参考として考えて良さそうです。

★桂川S
12.4-11.1-11.3-11.5-11.0-11.4
前半600m 34.8
後半600m 33.9

★淀短距離S(重)
12.2-11.3-11.4-11.6-11.5-12.2
前半600m 34.9
後半600m 35.3

淀短距離Sは2番手での追走なので厳密には自身のペースでは
ありませんが、前半のペースは桂川Sとほぼ一緒。
馬場が湿っている分、下りでブレーキをかけており、
後半の展開はかなり違ってしまっていますが、週末が良馬場に
なるのであればおおよそ桂川Sの再現、という感じの流れになりそうです。

過去のシルクロードSのラップと比較すると・・・
最も近い流れになっているのは11年及び10年
相関係数を取ってみると0.96、0.95と非常に強い相関を示しています。

グラフ比較
シルクロードグラフ

同じようなラップを示しつつも、10年と11年では結果がまるで逆
上位3頭の4コーナーでの位置取りを比較してみると

    1着 2着 3着
10年  2  1  7(番手)
11年 10 12  7

10年は先行馬で決まっているのに対し、11年は後方からの
追い込みでワンツーフィニッシュ。

ポイントになっているのは・・・3ハロン目、4ハロン目の
加速のタイミングだと考えられます。

10年は4コーナー(4つ目のラップ)まで脚をためて加速が入っており、
後続を突き放す展開になり先行馬が有利になっています。

11年はさらに手前、3コーナーからのロングスパート
本当に実力のある先行馬なら押し切ってしまう可能性もある
展開ではありますが、この年はロングスパートに耐え切れなかった
前の馬の脚が止まり、後方からの馬の超瞬発力勝負になっています。

10年の勝ち馬アルティマトゥーレは2番手から33.5の上がりを
繰り出しているわけで、物理的に抜くのは難しくなっています。

11年の先行馬は34.1、34.2とそれなりの脚を使っているものの、
勝ち馬のジョーカプチーノ、2着のアーバニティの上がりは32.6\(◎o◎)/!
これでは前で粘れるわけもないですよね(^^;

桂川S、淀短距離Sはどちらも10年のシルクロードS同様
4コーナーまで脚をためる形
結果として、どちらのレースも先行馬で決着しているわけで
今回も同様の展開になるならば位置取りは非常に重要なポイント
なってきそうです。

ちなみにここまで緩くなったのは01年からのシルクロードSでは
一度もありません。
レースのレベルを決める大きな要因は先行馬の質なわけで、
今年はレースレベルとしては過去最低に落ち着く可能性がありそうです。
その意味では下級の馬にも出番があるかも?!

ひとまず、かなり極端に前有利な展開になると想定した上で
有力馬を探ってみたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック