けいけん豊富な毎日

JCD(前哨戦評価1)  担【けん♂】

JCD(阪神D1800m)出走馬の過去のレース内容について
見直していきたいと思います。

★武蔵野S


大きく出遅れたイジゲンは外を回して進出。
4コーナーで捲くり上げて、直線入り口ですでに先頭とは1~2馬身差に
詰め寄っており、そこから馬場中央を力強く抜けて圧勝。
回転の速い脚と上半身がぶれない走法が末脚のキレに繋がっています。

【ラップ比較】
武蔵野比較

08~10年の武蔵野Sの平均ラップと比較してみると
明らかに道中が緩んでいることがわかります。
こんなペースにも関わらず前の馬の脚が止まる
という非常に低調な内容
スローペースを後方で追走したイジゲンの実質的なペースは
さらに遅いと考えられ、余力は十分に溜められたはず。
後半に急流になっていますが、コーナー付近のペースはまだ遅く、
捲くっていくにも楽な展開になったと思われます。

最後の伸び脚は評価出来るとしても・・・レベルには大きく疑いあり。
昨年のJCDのように中間に緩むポイントが出来れば
好走の可能性はあるものの、前が止まらない場合はやはり厳しいと思われます。

★レパードS


ホッコータルマエは好位を追走し、直線入り口でもスムーズに前を向いて
馬場の中央を力強く抜け出してそのまま完勝。
出遅れ気味に後方を追走したイジゲンは捲くり上げて進出しようとしますが、
前が止まらず、直線入り口ではまだ先頭と6~7馬身差。
直線半ばでスピードに乗って懸命に追いかけますが、3着が精一杯。

【ラップ比較】
レパード比較

09~11年までの平均(平均1)との比較してみると、
道中のペースは微妙に緩めになっています。
低調だった11年を除いた平均(平均2)との比較では
さらにその差が明白
スローペースを前で踏ん張ったホッコータルマエは
勝ちきったことは評価出来ても、レベル的にはかなり不足がありそうです。

イジゲンはさらにスローな流れで進んだことになるわけで、
伸び脚が使えたのは、言わば当然の話。
それでも前に押し上げて行けなかった点はマイナス評価を
しておいた方が良さそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック