けいけん豊富な毎日

JC回顧(歴史的快挙!)  担【けん♂】

前年の牡馬3冠馬、今年の牝馬3冠馬、そして凱旋門賞馬など国内外から
有力馬が集結したJCが好天に恵まれた東京競馬場で行われました。

断然の人気を背負ったオルフェーヴルですが、海外遠征を経ての初戦、
さらに大外枠を引いてしまい、不安もゼロではない状況。
足元を掬うとしたら・・・

予想は→ココ

結果は・・・

1着×ジェンティルドンナ  2.23.1  上がり32.8
2着▲オルフェーヴル     ハナ
3着◎ルーラーシップ
4着 ダークシャドウ
5着○フェノーメノ

9着△エイシンフラッシュ

※全着順は→ココ

ハナを切って行ったのは想定どおりビートブラック。
内の馬が様子を見ている隙に外からトーセンジョーダン、ジェンティルドンナが
押し上げて先行グループを形成。
うーん、ルーラーシップにやって欲しかった騎乗を岩田騎手にやられて
しまいました
ね。

フェノーメノが続き、凱旋門賞馬ソレミアも好位に押し上げて追走。
中段の内にエイシンフラッシュ。

オルフェーヴルは好スタートを切りましたが、少し下げて中段後方の外。
残念ながらまたも出遅れてしまったルーラーシップは内に進路を取って
集団に食らいつきましたが、馬群の内に包まれる形で後方追走。
これでは持ち味が活かせません・・・。

その後ろにダークシャドウが続いて最後方にメイショウカンパクという態勢。

12.8-11.0-12.0-12.3-12.1-12.1-12.2-12.0-11.9-11.7-11.5-11.5
前半1000m 60.2
中盤400m  24.3
後半1000m 58.6

逃げ慣れないビートブラックが引っ張ったので、もう少しゆったりと
進むかと思いきや、意外に締まった流れを作って引っ張っています。
道中に緩むところを作らず、淡々とペースを維持
3コーナー下りからビートブラックが後続を離して単走の形になりますが、
ラップを見る限り、それほどペースアップをしているわけではなく、
どちらかというと2番手のトーセンジョーダンが控えたような感じ。

後続グループが一団に密集していく中、各馬が徐々に動き出しを開始。

直線に入ってビートブラックが4馬身ほどリードを保ち、その後ろに
トーセンジョーダンが続きましたが、内からジェンティルドンナ
コーナーで外を回して進出したオルフェーヴルがここですでに並んで追撃態勢!

2頭が馬体を合わせて激しい追い比べ、ビートブラックを抜き去るときに
ジェンティルドンナがオルフェーヴルに接触してしまいますが、
進路を考えると仕方がないところ(審議の末、2日間の騎乗停止

ヨレてしまった影響もあって、オルフェーヴルがほんの僅かに遅れたため、
このデッドヒートはジェンティルドンナに軍配・・・岩田騎手は
かなり後味が悪かったようですが、十分に誇れる勝利だったと思われます。

2頭に引き離された2番手グループの外をダークシャドウ、ルーラーシップ
追いかけて行きますが・・・時すでに遅し、3着争いが精一杯、
ルーラシップがアタマ差で3着に突っ込んで面目を保ちましたが、
天皇賞秋に続き、不本意なレースで終わってしまったのは残念です。

レース後のコメント
1着 ジェンティルドンナ(岩田騎手)
オルフェーヴルとの叩き合いを制することが出来たのはすごいことですが、
逃げ馬を交わす時に微妙な進路取りになり、接触したことは申し訳ないと思っています。
8枠からのレースは腹を括っておかないといけないと考えていました。
道中は絶好のポジションで、4コーナーまでは完璧でした。接触がなかったら…と思います。
自分の気持ちがレースに出てしまったのかもしれません。悔いが残ります。
53キロを生かしたレースをしたいと思っていました。馬場状態を考えると
インコースを取りたい一心でした。前を早めに飲み込む形を想定し、
オルフェーヴルも前にはいないレースを想定していました。
これで負けたら仕方がないと思っていましたし、この馬が底を見せていないことが
証明出来ました。彼女の本気を初めて見せてくれました。オークスの走りは良かったと
改めて思いますし、東京の左回り、最高の馬場で結果が出ました。お疲れ様です、
と馬には言いたいです。本当にファイトを持っている馬です


(石坂正調教師)
騎手には特に指示していませんが、自分からあの位置を取りに行けるのがこの馬です。
並んだら抜かせないのが最大の長所。今日のレースでもそこが出たと思います。
この後、有馬記念は使いません。来年、ドバイを含め、凱旋門賞など海外遠征を視野に、
馬の様子を見て決めていきたいと思います


2着 オルフェーヴル(池添騎手)
道中、行きたがりましたが、馬の後ろで何とか折り合いました。
直線、ぶつけられてバランスを崩し、手前を替えて…着差が着差だけに悔しいです


(池江泰寿調教師)
この臨戦過程でよく頑張ってくれたと思います。審議の結果はJRAの判断ですから、
それに従うだけです。今後のことはオーナーと相談して決めたいと思います


3着 ルーラーシップ(ウィリアムズ騎手)
ゲートで座り込んでしまい…、痛かったです。ゲートを出ていれば、という気持ちです。
有馬記念で逆転したいと思います


(角居勝彦調教師)
ゲートが良くなかったですね。練習ではそんなことはないのですが…

4着 ダークシャドウ(デムーロ騎手)
素晴らしい馬です。前に行きたかったのですが、1コーナーで前をカットされ、
思う位置を取れませんでした。2400mは問題ありません。もう少し速いペースの方が
この馬には合っています


6着 トーセンジョーダン(スミヨン騎手)
よくやってくれました。作戦通り逃げるつもりでしたが、ビートブラックが
あれほど行くとは思わなかったので、離れた2番手で逃げているような形にして
徐々に気合を乗せて行きました。ちょっと最後にブレーキを掛けるところがあったので、
それがなければもっと上の着順だったと思います


7着 ビートブラック(石橋脩騎手)
スタートしてから、もう少しあのペースの中で後ろを離して逃げられれば良かったのですが、
思った以上について来られて、早めに後続を離す形になってしまいました。
ただ、あれ以上は早く動けないですから…仕方ありません


9着 エイシンフラッシュ(ルメール騎手)
4コーナーでは、オルフェーヴルの後ろにつけてうまくいったと思ったのですが、
残り200mで脚が止まってしまいました


14着 オウケンブルースリ(浜中騎手)
馬場も良かったですし、積極的に勝負を賭けて行きましたが、離されてしまいました

16着 ローズキングダム(武豊騎手)
思い通りに行けましたが、直線を向いて手応えがありませんでした。
調子が悪い訳ではないのですが、フォームがいい時のものではありませんでした


微妙な判定もありましたが、3歳牝馬でJCを勝つ、というのは日本馬では史上初。
ウオッカ、ダイワスカーレット、ブエナビスタと歴史的な牝馬が続きましたが
さらに上回る実績でジェンティルドンナが日本馬の頂点に立つことになりました。
牝馬だけにこのあとの路線が難しいですが、もしかしたら来年は
牝馬による秋3冠・・・いや凱旋門賞挑戦、などもあるかもしれませんね(^^)g
先行きが本当に楽しみです。

馬券の方はカチカチの内容だったのでどうでもいいですが、
素晴らしいレースを観れて満足です♪
あえて言えば・・・外国馬の力関係が当たったことがちょっと嬉しかったかなと(笑)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

歴史を変えるのに3分もいらない…。

ケンさん こんばんわo(*⌒O⌒)b



まさに最後のデットヒートはあのホーリックスVSオグリキャプを彷彿とさせるような火花散るドッグファイト\(◎o◎)/


あの世界の頂に最も近いオルフェーヴルをハナ差抑えて抜かせないとは…。


今頃 ジェンティルドンナは…こうゆってると思います。


〝歴史を変えるのに3分もいらない〟



もしかしたら今年の凱旋門賞にオルフェーヴルと出走していたら世界の頂を手にしていたかもしれませんね。



やっぱり競馬にはヒーローとヒロインが必要ですよね(*´∇`*)



ジェンティルドンナもオルフェーヴルもこれからずっと無事是名馬で無理せず頑張って欲しいですねo(*⌒O⌒)b



ちなみに馬券は単勝に特攻隊として諭吉君を1人行かせたことにより5人に増やして帰って来てくれました(*^^*)

ユビキタス | URL | 2012年11月25日(Sun)20:59 [EDIT]


ルーラーシップ

けんさんお疲れ様でした。

ルーラーシップの出遅れは…スタートの時点で「出遅れだけはしませんように」と願っていたのですが…(ゲートの練習もしてたと見てたし)。
でもあそこからインへ上手く入れれたのは、ウィリアムズ騎手好判断でしたね。結局4角から外回して直線突っ込み、上がり最速タイム出してるし。

たられば…2度ある事は3度あるのか?3度目の正直で次はゲート出遅れないのか?

今回が年齢的にピークだったろうから、東京コース得意であろうこの馬が天皇賞・秋とジャパンカップでG1タイトル取れなかったのは痛いなぁ。

岩田と池添と変な感じだったし消化不良のジャパンカップでした。
素人の私からすると「真直ぐ走らせない池添が悪いんじゃない?」と思うのですが。

すなやん | URL | 2012年11月25日(Sun)21:20 [EDIT]


けんさん、寿命は縮みませんでした(笑)
スタート直後は『おっ!』なんて思ったりもしましたが(爆)

今度は本当の恐怖新聞をお届けいたします( ̄∀ ̄)

けんさんは、おめでとうございます(^O^)

チュン | URL | 2012年11月25日(Sun)21:40 [EDIT]


岩田騎手

>進路を考えると仕方がないところ
パトロールビデオ見てたらやっぱり岩田騎手の方が強引ですね。
でも勝ちに行くにはあそこを通るしかなかっただろうし。裁定は妥当なんでしょうね。

でも岩田騎手ローマンレジェンドに乗れなくなったの悔しいだろうな。

すなやん | URL | 2012年11月25日(Sun)21:49 [EDIT]


負けたけど…

けんさん
こんばんは。いつも予想お疲れさまです。当たりましたが、マイナスです(汗)ドンナちゃん強かったですね。オル君には、少し可哀相なレースになってしまいましたが、よく頑張ったと思います。思った以上に時計の速い馬場で、ディープの仔がバンバン走ってたので、惨敗も覚悟してました。凱旋門賞とは真逆の馬場でしたから、私的には負けたけど、やはりオル君が現役最強馬です。
また来週もよろしくお願い致します。

マロン | URL | 2012年11月25日(Sun)23:30 [EDIT]


良いレースでした。

凱旋門賞、行ってほしいですね。
それにしても、ディープの時に学生だった自分がどれだけ幸運だったか、強く感じてます。
社会人になって長野県勤務なので、海外はもちろん国内競馬場すらいけません(涙)


審議について
素人目には、審議対象になるとは思えませんでした。
直前にオルフェが左によってた様にも見えましたし、、、
逆にマンガみたいに避けたなと感心してしまいました。

ろと | URL | 2012年11月26日(Mon)00:01 [EDIT]


>ユビキタスさん
いやー本当に歴史に残る叩きあいになりましたね~

最後は性格の差でしょうか(爆)
真面目に走るジェンティルドンナと真面目に走らせる岩田騎手。
大舞台での信頼度は抜群ですね。

これからも激突する機会が出てきそうなだけに
目が離せません(^^)g

単勝的中おめでとうございます!
諭吉戦隊ゴレンジャー(笑)・・・って古過ぎですね(^^;

けん♂ | URL | 2012年11月26日(Mon)09:12 [EDIT]


>すなやんさん
心配していた出遅れが出てしまいましたね。
さらに馬群がカーブで詰まったことも影響して
外に出して上がっていくことが出来ませんでした。

国内G1制覇は・・・難しくなってしまいましたが、
国際G1をもう一つ、二つ期待したいところです。
年齢を重ねても衰えにくい血統だけに頑張って貰いたいですね。

けん♂ | URL | 2012年11月26日(Mon)09:12 [EDIT]


>チュンさん
トーセンジョーダンが前に行ったときには
私も「お!」と思いました(^^)g

長く競馬を楽しむために寿命だけは・・・(笑)

今週もがんばっていきましょう!

けん♂ | URL | 2012年11月26日(Mon)09:13 [EDIT]


>すなやんさん
勝つためには譲れない部分もあったかと思います。
たしかに強引でしたが・・・馬の接触は危ない面もありますが
海外では結構当たり前だったりもするんですが、
まずは着順が変わらない裁定、というのは馬券を
買った側にもよかったと思います。

JCDは岩田騎手、佐藤哲騎手が不在・・・うーん、
いきなり悩ましいことになりそうです。

けん♂ | URL | 2012年11月26日(Mon)09:13 [EDIT]


>マロンさん
的中おめでとうございます(^^)/

参戦の過程や、斤量を考えると実質的には
まだオルフェーヴルが負けた、とは言い難いですね。
現役最強馬として、これからまた2頭がぶつかる
機会も見てみたいものです。

重い馬場でも軽い馬場でも問題なく強い!
そういう意味ではオルフェーヴルは過去の名馬と
比較しても・・・最強クラスかと思いますね(^^)g

けん♂ | URL | 2012年11月26日(Mon)09:14 [EDIT]


>ろとさん
凄いレースでしたね~
競馬場で目の当りにされた方は幸運だったと思います。

私も仕事の関係で競馬場に行くことはなかなか
出来ませんが、場所によっては競馬にふれることすら
難しい地域もあるわけで、周りに競馬仲間がいるだけでも
幸せだと感じています。
特に今はこうしてネット上でも繋がりが持てますしね(^^)g

私もそれほど問題視する内容ではない気がしました。
たしかに不利を蒙ってはいますが、十分に「競馬」だった
ように見えましたし、大舞台で必死に勝ちにいった2頭の
意地のぶつかり合い、もドラマとして良かったのかもと。
・・池添騎手もトールポピーでやらかしてますしね(笑)

けん♂ | URL | 2012年11月26日(Mon)09:15 [EDIT]


 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジャパンカップ(JC) 2012 回顧

トラコミュ 第32回 ジャパンカップ(GI) ジャパンカップ(2012) 第57回 京阪杯(GIII) 京阪杯(2012) 予想はこちらでした ◎ダークシャドウ4着・・・ それでも○ルーラーシップとセッ...
[続きを読む]

稀に的中?3代血統で重賞予想 | 2012年11月25日(Sun) 21:42