けいけん豊富な毎日

JC(斤量負担分析)   担【けん♂】

JC(東京2400m)について、もう少し見ておきたいと思います。

実質斤量負担
JC斤量負担
※オルフェーヴルは宝塚記念のデータ、
 海外馬については調教後の馬体重を記載しています。

過去のJCの好走条件は・・・牡馬は480kg以上、
牝馬、3歳馬については460kgがおおよその馬体重の下限。
実質斤量負担でみると12.0%が上限となっています。

オルフェーヴルは帰国後に体重を増やしているようで
460kg~470kg程度で出走することになりそうですが、
条件的にはアウト。ただし、ここまでの実績馬になると
ディープインパクト同様、例外扱いで良さそうです。
ステイゴールド産駒は全般的に斤量への耐性が高く、
凱旋門賞では59.5kgをこなしているだけに
逆に楽になった、くらいの扱いでしょうか(^^;

ローズキングダムも斤量に弱いわけではありませんが、
高い能力を発揮したのは軽斤量のとき。
57kgはかなり厳しいと考えた方が良さそうです。

外国馬については斤量負担に強い馬が多いのであまり
考える必要はないかもしれませんが、ソレミアがかなり
厳しいゾーンに入ってしまっています。
凱旋門賞では58kgを背負って勝っており、
状態がまともなら問題にしないと思われますが・・・

ひとまず外国馬については、来日後の体重の変化をチェック
しておきたいと思います。

スリプトラ 523kg→520kg
ジャッカルベリー 508kg→502kg
マウントアトス 477kg→484kg
レッドカドー 489kg→492kg
ソレミア 442kg→436kg

JRAのサイトで見る限り、強めの調教を行っているのは
スリプトラ、マウントアトスの2頭。
馬格のあるスリプトラは多少絞れたくらいで出れるのであれば
問題なさそうですし、馬体重を増やしているマウントアトスは
状態がかなり良さそうです。

レッドカドーも少し強めに追っている中で馬体を増やしているのは
好感触、調整に問題はなさそうですね。

ジャッカルベリーは少し緩い調教内容でマイナス体重。
馬格があるので大きな問題ではないと思いますが、
上積みには期待しにくいかも。

ソレミアも緩めの調整でマイナス体重。
来日当初に出た疲れは回復した、というコメントが出ていますが、
馬格がなく、初輸送での馬体減となると・・・かなり不安が
ありそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック