けいけん豊富な毎日

JC(各馬分析2)  担【けん♂】

JC(東京2400m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

トーセンジョーダン】牡6 57.0 (栗東) ジャングルポケット×(ノーザンテースト)
中間に頓挫があった天皇賞秋では13着と初めての二桁着順。
同様に取り消し明けだった11年の宝塚記念でも後方から何もせず
凡走していたわけで、まずは慎重に叩いた、という感じの内容だった印象です。
本来は前につける脚質で、昨年のJCでも2着と好走。
実力的には高く評価出来る1頭ですが、良化が進んでいないようなのは
不安材料。陣営のコメントが煙幕でなければ、今回は厳しそう。

ビートブラック】牡5 57.0 (栗東) ミスキャスト×(ブライアンズタイム)
アルゼンチン共和国杯で5着、4着と踏ん張っているだけに
適性がないわけではありませんが、イマイチ決め手に欠けているのも事実。
前につけて粘り込む脚質なので余程展開がハマればヒモで一考、
という感じもありますが、相手関係強化で好走を期待するのは酷。

フェノーメノ】牡3 55.0 (美浦) ステイゴールド×(Danehill)
中段辺りから末脚を使うタイプでしたが、この秋からは少し前に
寄せている感じ。前走の天皇賞秋でも好位から踏ん張って2着と
健闘しています。前の馬に負荷が掛かる展開の中での好走だっただけに
内容的にも高く評価出来そう。純粋な脚比べではまだ微妙な面があるので
今回もしっかりと前につけて競馬が出来ればチャンスは十分。

メイショウカンパク】牡5 57.0 (栗東) グラスワンダー×(ダンスインザダーク)
グラスワンダー産駒の上がり馬、ということでスクリーンヒーローと
被る面がありますが、こちらは東京実績なし。後方からの脚質で
前が止まる展開で力を発揮しますが、基本的には届かないことが多く、
一線級の馬相手では厳しいと思われます。

ルーラーシップ】牡5 57.0 (栗東) キングカメハメハ×(トニービン)
天皇賞秋では昨年末の有馬記念に続いてメンディザバル騎手が騎乗しましたが
前回同様出遅れ気味になり、最後は届かずの3着。位置取り次第で
十分にチャンスがあった印象なので能力面の評価は下げなくて
良さそうです。今回はウィリアムズ騎手ということで、位置取りは
余程の事がなければ前になりそう。大きく増やしていた馬体を
絞り込めばささに上昇が見込めそうです。

ローズキングダム】牡5 57.0 (栗東) キングカメハメハ×(サンデーサイレンス)
10年のJCでは繰り上がりもあって勝利をおさめているので
適性自体に問題はありませんが、京都大賞典でも切れ負けしているように
本来の出来には遠い印象。昨秋は前につける競馬が出来ていたので
ある程度頑張っていましたが、このところは後方からになりがち。
前走で馬体を戻しているので調子は上向きになりそうですが、
近走の内容からすると一線級と競い合うには厳しそう。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック