けいけん豊富な毎日

ジュニアC各馬分析1(考察①)  担【けん♂】

こんな年の瀬に馬のことばかり考えている人っているのだろうか?
と懐疑的になりながらも・・・次はジュニアC(中山1600m)の
各馬分析を始めたいと思います(^^;

アラハ】牝 アドマイヤベガ×(Woodman)
シンザン記念と重複登録、考察は→ココ

能力不足。短距離でもスピードが足りないし、マイルは長過ぎるようです。

アルシラート】牡 Orientate×(Ogygian)
シンザン記念と重複登録、考察は→ココ

短距離適性の強い馬。マイル挑戦より自分のフィールドで戦って欲しい・・。

ウィズディクタット】牡 Diktat×(Dayjur)
シンザン記念と重複登録、考察は→ココ

決め手不足が厳しいですね。短距離で成長待ちをしたほうが・・

エイワハヤブサ】牡 Dynaformer×(Slewvescent)
新馬戦(中京1200)
勝ち時計1.10.3 上がり35.5
12.2-10.9-11.3-11.8-11.7-12.4

Dynaformer産駒はマイルから1800m辺りまで対応しているので
距離延長でマイル挑戦は良さそうです。というか短距離では
スピード不足かと。ペースについていって前から抜け出しを
したいところですが末脚の鈍さが気になるところ。
現状のままではかなり足りない印象。

同日に行われたレースとの比較
3歳500下 1.08.6 タイム差1.7

エフティイカロス】牡 アグネスタキオン×(トニービン)
寒竹賞と重複登録、考察は→ココ

期待された新馬戦(新潟1200)で予想外の大惨敗。
休養をはさんで距離を伸ばして3戦目で勝ちあがりました。
雨ということもあって周りの馬も脚が鈍っているところを
後方から差し切り勝ちでしたが道中のペースが遅いことからみても
もう少し切れ味があってもいいような・・・。

同日に行われたレースとの比較
幕張特別(3歳上1000下)2.02.0 タイム差2.0

エーシンピーシー】牡 Fusaichi Pegasus×(Storm Cat)
寒竹賞と重複登録、考察は→ココ

ゆったりとしたスタートからペースをあげていって上手く逃げ切った
新馬戦、再現はかなり難しそう・・。今度はスタートからペースを
あげるとすると距離延長となる寒竹賞よりはジュニアCのほうが
期待できそうです。センスの良さが活かせるかどうか?

オープンザゲート】牡 ボストンハーバー×(Seeking the Gold)
2歳500下(中山ダート1200)
勝ち時計1.12.6 上がり38.3
12.0-10.4-11.7-12.6-12.4-13.5

ダートの短距離で6戦(2-2-1-1)、かなり安定した成績を
残していますが芝転向で距離延長は・・微妙。
ボストンハーバー産駒は芝でも短距離傾向が強く、マイルは厳しい状況。
ダートでの勝ち方も先行型なので芝でペースが変わったら
ついていけるかどうか?

カレンナサクラ】牝 メジロライアン×(ナリタブライアン)
寒竹賞と重複登録、考察は→ココ

強烈な差し脚を持っている馬ですので侮れませんが中山競馬場では
微妙かも。距離的には寒竹賞に出るよりはジュニアCの方が
合いそうですが・・。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック