けいけん豊富な毎日

寒竹賞各馬分析1(考察①)  担【けん♂】

すでに正月休みに入られた方も多いようで・・(^^;
羨ましい限りです。私は職業柄正月も元旦から仕事(涙)。
どうせバタバタしっぱなしなんでブログの更新も
通常とまったく変わりなしに続ける予定
です(爆)

今回の記事が12月に入って90個目、目標にしていた
一日3回更新もどうやら達成できそうな見込み。
もちろんまったくの自己満足に過ぎないわけですが・・・(涙)

では気を取り直して・・
新年に行われる2歳戦、次は寒竹賞(中山2000m)について
見ていきたいと思います。

かなり有力な馬が集まったシンザン記念(考察①考察②考察③
ちょっとメンバーが手薄な福寿草特別(考察①考察②考察③
さて寒竹賞はどんなレースになるのでしょうか?
まずは各馬分析から・・・

エーシンピーシー】牡 Fusaichi Pegasus×(Storm Cat)
新馬戦(東京1800)
勝ち時計1.50.3 上がり35.6
13.4-11.9-12.6-12.8-12.3-11.7-11.3-11.5-12.8

序盤は緩いペース、徐々にペースあげていってセンス良く逃げ切り勝ちを
おさめました。ちょっと展開がハマり過ぎた感じですね(^^;
長く粘る脚が使えるのはいいんですが序盤からペースあげて
いけるかは微妙。距離延長がどうでるか?中山競馬場は合いそうです。

前々週に行われたレースとの比較
東スポ2歳S 1.48.7 タイム差1.6
神奈川新聞杯(3歳上1000下) 1.49.1 タイム差1.2 雨、良

エフティイカロス】牡 アグネスタキオン×(トニービン)
未勝利戦(中山2000)小雨、良
勝ち時計2.04.0 上がり36.5
12.5-10.6-11.9-13.2-13.1-12.8-12.8-12.2-12.3-12.6

稍重の中、緩いペースでしたが先行馬が総崩れするところを
後方から差し切り勝ち。末脚は時計的には鈍っていますが
だいぶ馬場が重かったようなので仕方がないところかと。
時計的に見てもさすがに先行馬のレベルが低過ぎた感じがしますね。
ペースが上がってどうなるか?など不明な点が多いので
今回が試金石になりそう。

同日に行われたレースとの比較
幕張特別(3歳上1000下)2.02.0 タイム差2.0

エミーズスマイル】牝 アグネスタキオン×(ホワイトマズル)
赤松賞(東京1600)3着
走破時計1.36.1 上がり34.0
12.7-11.0-11.8-12.5-12.5-11.8-11.4-12.4

地方からの参戦。
中央初挑戦の赤松賞では後方から次元の違う末脚で
勝ち馬からハナ差、クビ差の同タイム3着と大肉薄。
明らかに一番強い競馬をしたのはこの馬でした。
赤松賞ではペースにとまどい道中置いていかれてしまった感が
ありましたが本来はもう少し前につける馬のようです。
今年の地方からの参戦馬の中では最も期待できそうな馬だと
考えていますが・・・果たしてどうなるでしょうか?
距離延長への対応が鍵になりそうです。

前日に行われたレースとの比較
3歳上500下 1.35.1 タイム差1.0 雨、良

カレンナサクラ】牝 メジロライアン×(ナリタブライアン)
ホープフルS時の考察は→ココ

ホープフルSでは最後方からの競馬になり、届かずの10着。
予想以上の厳しいペースになったこともあってちょっと
伸びが足りませんでした。中山競馬場向きの馬ではありませんが
馬場がもう少し軽くなるようなら一発の破壊力がある馬なので
要注意かと。

キングオブロマネ】牡 ダンスインザダーク×(Nureyev)
ひいらぎ賞(中山1600)5着
走破時計1.35.2 上がり35.7
12.3-11.2-11.5-11.5-12.0-12.1-11.8-12.3

ひいらぎ賞の回顧記事は→ココ

かなり速めのラップとなったひいらぎ賞を好位で追走、
先行馬がつぶれる中、前で粘ろうとしますが
後方からの馬にかわされて5着。現状1、2枚足りない印象ですが
距離延長で良血の力が目覚めるかどうか・・。
ペースについていけたことは評価しますが距離延長で脚が鈍って
いることが不安。

翌日に行われたレースとの比較
3歳上1000下 1.35.2 タイム差0.0

クロスホーリー】牡 ディアブロ×(ビゼンニシキ)
かなり速く、緩みないペースで引っ張る逃げ馬
ただし・・最後まで押し切る力はまだありません。
距離が伸びて相手の脚が鈍れば・・という感じですが
勝ち負けは期待薄。ペースメーカーとして頑張って
欲しいと思います。

ゴールデンジュビリ】牡 ホワイトマズル×(ヘクタープロテクター)
福寿草特別との重複登録、考察は→ココ

出るレースが必ずレベルが高いレースになるという運が悪い馬。
今回も福寿草特別ならまだしもこっちに出てきたら・・
またもや厳しいレースに当たってしまいそう(涙)
いずれにしろ2000mの芝で通用する見込みは現状ありません。

サンアイブライト】牝 スペシャルウィーク×(ペイザバトラー)
葉牡丹賞(中山2000)4着
走破時計2.03.7 上がり34.9
12.6-10.9-12.3-13.6-13.0-13.1-12.6-11.9-11.2-12.0

葉牡丹賞の回顧記事は→ココ

かなり安定して末脚が発揮出来る馬。馬場の悪化もほとんど
影響しませんね。雨が降ったら要注意です。
後方からの追い込み馬なので前が崩れるようなペースが理想的。
・・ただし速すぎたらついていけるかどうか?

翌週に行われたレースとの比較
幕張特別(3歳上1000下) 2.02.0 タイム差1.7 小雨、良

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック