けいけん豊富な毎日

福寿草特別各馬分析2(考察②)  担【けん♂】

福寿草特別(京都2000m)出走予定馬の各馬分析第2弾です。

第1弾は→ココ

ゴールデンジュビリ】牡 ホワイトマズル×(ヘクタープロテクター)
インパーフェクトと同じく北海道期待の星として中央参戦となりましたが
・・・あまりにも結果が出せていません。
参戦したレースが全て予想外にレベルが高くなってしまうという
運の悪さ
もありますが・・それにしても厳しい結果(-_-;)
少なくとも血統的に距離延長はきつそう。巻き返しがあるならマイルまで、
と思いますが・・

シャイニンワールド】牡 ブライアンズタイム×(ノーザンテースト)
新馬戦(中山1600)
勝ち時計1.37.0 上がり35.1
13.0-11.4-12.0-12.6-12.6-12.2-11.7-11.5

逃げ粘る馬を好位から差し切って勝ち上がり。
切れ味に不足感があるのは年末の中山の馬場状態もあるので
多少仕方がないところもあるとしても、ペースがかなり緩く
脚をためれる中なのでちょっと評価は出来にくいです。
血統的に距離延長には充分対応してきそうですが、
評価は次走以降ということになりそう。

同日に行われたレースとの比較
ノエル賞(3歳上1000下) 1.34.0 タイム差3.0

ジャックレイホウ】牡 アドマイヤベガ×(Gulch)
葉牡丹賞(中山2000)8着
走破時計2.04.1 上がり35.3
12.6-10.9-12.3-13.6-13.0-13.1-12.6-11.9-11.2-12.0

一気に3Fの距離延長となった葉牡丹賞では緩いペースにも
かかわらず脚が使えませんでした。徐々に馬体を増やして
成長してきているようですが現状では能力不足。
後方から追走して2、3頭かわせばいいところ・・といったレースが
続いています。距離に慣れてきても期待薄。

翌々週に行われたレースとの比較
幕張特別(3歳上1000下) 2.02.0 タイム差2.1

シーレイダース】牡 Sadler's Wells×(Mr. Prospector)
葉牡丹賞(中山2000)8着
走破時計2.03.7 上がり35.3
12.6-10.9-12.3-13.6-13.0-13.1-12.6-11.9-11.2-12.0

初戦は緩いペースの中を追い込んで勝ち上がり。
2戦目の葉牡丹賞でも1番人気に支持されましたが
好位を追走しながらまったく伸びることが出来ず5着に沈みました。
ペースが速かったわけでもないのでちょっと首をひねる結果です。
Sadler's Wells産駒ということでもっと距離が伸びてこないと
厳しいのかも
(^^;秋頃までに成長があれば・・。

翌々週に行われたレースとの比較
幕張特別(3歳上1000下) 2.02.0 タイム差1.7

スズカコーズウェイ】牡 Giant's Causeway×(French Deputy)
シンザン記念と重複登録、考察は→ココ

Giant's Causewayはマイルから2000m辺りまでの活躍があった馬
ですが本質はマイラー。
産駒も中距離に対応できた馬が出ていますが・・・

タスカータソルテ】牡 ジャングルポケット×(ノーザンテースト)
未勝利戦(中京2000)
勝ち時計2.01.6 上がり34.8 ←レコード
12.3-11.0-12.3-13.1-13.2-12.3-12.1-11.8-11.7-11.8

札幌での新馬戦では10着と大敗しましたが4ヶ月の休養明けで
馬体も成長し、いきなりレコード勝ちをおさめました。
とはいえ道中は13秒台とかなり緩く、あまり過剰な評価は出来ません。
直線が長い京都競馬場はジャングルポケット産駒にも合いそう
なんで好走を期待したいですね。試金石になるレースだと思います。

前日に行われたレースとの比較
愛知杯           1.58.6 タイム差3.0
前週に行われたレースとの比較
鳴海特別(3歳上500下) 2.00.8 タイム差0.8

ツカサラッキー】牡 デザートストーリー×(ノーザンテースト)
黄菊賞(京都1800)7着
走破時計1.50.8 上がり35.2
12.8-11.6-12.1-12.9-13.1-12.6-11.7-11.0-11.5

ダートの1000mで4戦目に勝ちあがったあと距離を延長しながら
黄菊賞で芝挑戦、緩いペースにも関わらず失速気味になり
勝ち馬に8馬身以上の差をつけられる大敗を喫しました。
少なくとも距離延長が良い方向に出ることは考えにくいですね(-_-;)

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック