けいけん豊富な毎日

高額馬製造機?   担【けん♂】

インパクトの花嫁候補に5冠馬ドーベル
2006年12月27日(水) 8時55分 日刊スポーツ

 有馬記念を最後に現役を引退した7冠馬ディープインパクト(牡5)の花嫁候補に、5冠牝馬メジロドーベルが挙がっていることが26日、明らかになった。現在、ダービーなど4冠を制したスペシャルウィークの子を宿しており、出産予定は4月上旬。種付けが決まれば、その後になる。過去に父シンボリルドルフ、母メジロラモーヌという10冠ベビー(メジロリベーラ=未勝利)の例があるが、インパクトとドーベルの子なら、それを上回る史上最高の12冠ベビー。種付け権利を1株所有するメジロ牧場の岩崎伸道専務は「正式には1月に決まるが、一番いい繁殖に一番いい種馬を付けるのは鉄則。ディープは性格的にも悪いところがないし、心臓が強くて骨も丈夫。体の小ささは気にならない」と、インパクトへの期待感を表した。
 そのほかの候補も名牝ばかり。インパクトの生産者ノーザンファームでは、97年天皇賞(秋)を制したエアグルーヴ、重賞5勝を挙げたブロードアピール、04年ダービー馬キングカメハメハの母マンファス、今秋G1で2勝したダイワメジャーの母スカーレットブーケなどが挙がる。インパクトがけい養される社台スタリオンステーションの徳武英介さん(44)は「来年2月から年間150頭ほどに交配する予定です。サンデーサイレンスの後継というより、まったく新しい1頭の種牡馬として期待しています」と話していた。注目の2世は、早ければ08年に誕生する。



うーん、凄い好待遇・・・というか異常な期待度かも?(^^;

エアグルーヴとの子供なんてそれこそ10億を超えてきそうだし
それで元が取れるのか?という疑問がわいてしまいますね。

個人的に期待できそうに見えるのはスカーレットブーケでしょうか。
サンデーサイレンスとの交配でダイワメジャー、
サンデー産駒のアグネスタキオンとの交配でダイワスカーレット・・
余程血が合うのだと思われます。

初年度から有力牝馬に種付けをするということは
裏返せば失敗出来ない、ということ。
牝馬の質に責任転嫁が出来ませんからね(^^;

ディープインパクトの不安点はやはり馬格の問題でしょう。
おそらくは相当小柄な馬が出てくることは間違いないところ。
よほど異能な力がなければ競走馬として大成するのは
厳しい予感・・。とはいえ・・
ステイゴールド産駒がかなり頑張ってますので
馬格の小ささは致命的、というわけではありません。

ディープインパクトの能力は脚力に由来するものではなく
あの飛ぶような走法(滑るような感じ?^^;)にあるとしたら
教えて出来るものではないので産駒に伝わるかどうかは微妙です。

産駒がデビューする予定の2010年にはふたたびマスコミが
大騒ぎする・・かどうか。さすがに忘れられたりはしないと
思いますが・・・(^^;

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

種牡馬バトルもまた楽しみ!!

サンデーサイレンスが他界し、
種牡馬の後継者争いが激化してきそうですね。
サンデー系種牡馬は、フジキセキやダンスインザダークを初め、
割とコンスタントに頑張っていますが、
ディープインパクトも繁殖牝馬が優秀なので、
ある程度の成功は期待できると思います。
ステイゴールドよりは上になるかなと。

あと、サンデー系種牡馬は徐々に成績が上がってくる傾向にありますね。
アグネスタキオン産駒も上半期、一応G1馬を出したものの、
どこか伸びきれないところがありましたが、
現2歳馬に有力どころが多いことを考えると、
今後が楽しみですね!
タキオン、クロフネ、ジャンポケの産駒対決も見物です。
それぞれに大物がいますしね!

月夜の星 | URL | 2006年12月28日(Thu)14:28 [EDIT]


今度まとめてみようと思っているんですが
新種牡馬はそれぞれ個性があって
面白いですね(^^)g

タキオンは初年度より今年の方が格段に
交配した牝馬の質が上がっているようで
今年は相当期待度が高かったようです。
たしかに徐々に良い馬が出てきていますよね。
昨年の結果だけみると完成が早くて成長度
に欠ける印象ですが果たして今年の産駒は
どうなっていくのか注目したいところ。
シンボリクリスエスやキングカメハメハも
控えているし、種牡馬戦線もこれから
大激戦ですね(^^)g

けん♂ | URL | 2006年12月28日(Thu)16:56 [EDIT]


 

トラックバック