けいけん豊富な毎日

シンザン記念各馬分析3(考察③)  担【けん♂】

さてシンザン記念出走登録馬の各馬分析第3弾です。
※第2弾に引き続き抽選組の考察となります。

第1弾→ココ
第2弾→ココ

シャドウストライプ】牡 サクラバクシンオー×(Gulch)
新馬戦(阪神ダート1400)
勝ち時計1.26.1 上がり37.7
12.7-11.3-12.1-12.3-12.3-12.7-12.7

出遅れながらもかかり気味に先頭に立って、そのまま押し切り勝ち。
能力の高さをうかがわせる走りでしたが・・競馬としては無茶苦茶(笑)。
安定して走れるようになったら面白いかもしれません。
母はサンダーガルチの全妹、これまでダート馬しか輩出していませんので
この馬もダート向きの可能性が高いですね。距離も短い方が合いそう。
※次週の黒竹賞にまわる見込み

前日に行われたレースとの比較
3歳上500下 1.25.4 タイム差0.7

スズカコーズウェイ】牡 Giant's Causeway×(フレンチデピュティ)
未勝利戦(阪神1600)
勝ち時計1.37.0 上がり33.9
12.7-11.2-12.5-13.1-13.1-12.0-11.3-11.1

道中緩みまくったペースを5番手から差し切り勝ち。
素晴らしい切れ味を見せましたが・・脚をためれるペースと
新装阪神競馬場の初日(それも1R)で芝の状態が最高だったことを
考え合わせるとそれほど高い評価は出来ません。
Giant's Causewayは日本ではそれほど有力な産駒が走っていませんので
この馬にかかる期待は大きいようです。Storm Catから続く血統ですし
短距離、それもダート向きになりそうな感じですが・・。

同日に行われたレースとの比較
ゴールデンホイップT(3歳上1600下)1.34.1 タイム差2.9

スズカライアン】牡 メジロライアン×(エルハーブ)
未勝利戦(京都1600)
勝ち時計1.36.7 上がり34.5
12.9-11.6-12.2-12.7-12.3-11.8-11.4-11.8

2戦目は初戦とはガラリと変わって鋭い末脚を使えるようになりました。
7番手から一気に差し切り勝ち、メジロライアンの今年の産駒は末脚に
魅力がある馬が良く出ていますね(^^;
ただし現状ではタイムも遅く、道中も脚をためれる展開の助けがあっての
印象なので真価を問われるのはこれからになりそう。
速いペースでも脚を繰り出せるのであれば面白い存在になるかも。

同日に行われたレースとの比較
3歳上500下 1.34.8 タイム差1.9

テイエムカゲムシャ】牡 タバスコキャット×(コリムスキー)
未勝利戦(中京ダート1000)
勝ち時計0.59.7 上がり36.4
12.2-11.1-11.9-12.1-12.4

3戦目で勝ちあがり、ハナを切って逃げた上にそれまでとガラリと変わって
素晴らしい末脚を見せて7馬身差の圧勝でした。
とはいえ・・・これまで3戦全てダート1000m(^^;
いきなり芝の1600、それも重賞に登録というのは・・・厳し過ぎかと。
タバスコキャットの産駒はダートの短距離から芝の2000m辺りまで
幅広く出ており、その意味では対応出来てもおかしくはないのかも
しれませんが・・・。

同日に行われたレースとの比較
千種特別(3歳上1000下) 0.58.3 タイム差1.4 

ビンチェロ】牡 ダンスインザダーク×(Lyphard)
中京2歳S(中京1800)4着
走破時計1.49.0 上がり34.7
12.5-11.8-12.3-12.5-12.2-12.7-11.5-11.0-11.3

中京2歳S時の考察は→ココ

中京2歳Sでは後方から追い上げる形になり、直線手前で好位につけた頃には
すでに脚をなくしていました。ちょっと距離が長過ぎた感がありますね。
マイルならもう少し伸びてくるかもしれません。速いペースに追走する
能力はあるので好位につける競馬をしてもらいたいです。
ただし中京2歳で負けた2頭とは格付けが済んでしまっているような・・。

翌日に行われたレースとの比較
犬山特別(3歳上500下)1.48.6 タイム差0.4

フェスティヴマロン】牝 クロフネ×(ノーザンテースト)
新馬戦(阪神ダート1400)
勝ち時計1.26.5 上がり38.8
12.8-11.1-11.7-12.1-12.5-12.8-13.5

2番手からセンス良く抜け出して勝ちあがり。道中のペースが
速かっただけに他の先行馬の脚が止まってしまっていた感じですね。
切れ自体はそれほどのものがあるわけではなさそうです
クロフネ産駒ということで芝も試してみたい、ということだと
思われますが・・いきなり重賞は厳しいのではないかと。

同日に行われたレースとの比較
3歳上1000下 1.25.1 タイム差1.4

シンザン記念の各馬分析はひとまず終了。
まだ出走馬確定までに時間があるので(^^;
次回はその他の3歳馬(現2歳馬)のレースについて
見ていこうと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック