けいけん豊富な毎日

シンザン記念各馬分析1(考察①) 担【けん♂】

かなり気が早いですが(笑)
シンザン記念(京都1600m)の各馬分析に入りたいと思います。

その前に・・・
有馬記念のレース映像は改めて確認してみたんですが
直線でディープインパクトに気を取られて後方の馬の様子について
ちょっと抜けていた部分があったのでふれておきたいと思います。
ポイントは2着に入る好走を見せたポップロック
コーナーを曲がって内に包まれてしまったポップロックは
進路を失って減速、馬場中央に出そうとしますが
ブレーキを一旦踏んだ影響でズルズルと下がっていってしまっています。
そこでドリームパスポートにかわされて、普通ならそのまま
下がって大敗・・・というパターンなんですが
なんとここから盛り返していっています。
直線半ばからの再加速で2着に入ったというのは相当高い評価をして
良さそう。ペリエ効果もあったのでしょうが能力的にも
今後もGⅠで活躍できる馬だと考えられますね。
日本では活躍馬をほとんど出していない凱旋門賞馬エリシオ産駒、
エリシオは歳を重ねて失速しましたがポップロックはこれからの
活躍に期待したいです(^^)g

もうひとつ今度は悲しいニュース。
先日のラジオN杯に出走し、途中で競争中止になったグッドラックアワー
(アグネスタキオン産駒)ですがレース中の骨折により予後不良と
なってしまいました。将来性をかなり高く期待されていた馬ですし
非常に残念・・。冥福を祈りたいと思います(T_T)

では気を取り直してシンザン記念の各馬分析、まずは
出走権を持っている馬から・・

ローレルゲレイロ】牡 キングヘイロー×(テンビー)
重賞で3連続2着。粘り強いとともに決め手に欠ける馬ですね(^^;
先行抜け出しでしぶとい競馬をしますが脚のある馬に一気にかわされると
手も足も出ません。短距離からマイル戦に距離延長してきたと同時に
馬体を大幅アップ。+10kg→+14kgと急激に馬体を成長させて
きています。これで結果を出していますから順調だと考えるべきでしょう。
もう一段階成長してきたら怖い馬になりそう・・。

エイシンイッキ】牡 Tale of the Cat×(Go for Gin)
さざんかS(阪神1400)
勝ち時計1.21.6 上がり35.2
12.4-10.9-11.6-11.5-11.4-11.6-12.2

さざんか賞の回顧記事は→ココ

初めてハナを切ったさざんかSでそれなりに緩まないペースを作って
そのまま逃げ切り勝利を飾りました。父系からどちらかといえば
短距離適性が高そう。マイルへの距離延長は微妙かも。
骨折の影響はもう完全に払拭できたといって良さそうですね。
勝ち時計はここ5年のさざんかSの中では最速タイム。
改装の影響もあるのでなんとも言い難いですがスピード能力は高そうです

翌日に行われたレースとの比較
阪神C 1.20.6 タイム差1.0

ダイワスカーレット】牝 アグネスタキオン×(ノーザンテースト)
中京2歳S(中京1800)
勝ち時計1.47.8 上がり33.7
12.5-11.8-12.3-12.5-12.2-12.7-11.5-11.0-11.3

中京2歳Sの回顧記事は→ココ

ダイワメジャーの半妹。初戦は前半のスローペースに嫌気がさしたように
後半からレースを引っ張り、秋華賞以上のラップを刻んで圧勝。
中京2歳Sはそれなりにゴールドキリシマが引っ張りましたが
直線で簡単に抜け出すと安藤騎手が後方を振り返って差を確認しながら
楽々と押し切りました。本気で追ったらまだまだ伸びそうですね。
ほとんど追わずに33.7の脚を使えたことも驚異的。
位置取りは前気味で安定感があり、末脚が使えるというのは・・
死角がありません
。メチャクチャ大物の予感・・(^^;

翌日に行われたレースとの比較
犬山特別(3歳上500下)1.48.6 タイム差▲0.8

マイネルフォーグ】牡 スターオブコジーン×(Be My Guest)
京王杯2歳Sの回顧記事は→ココ
朝日杯FSの回顧記事は→ココ

速いペースに追走する能力はありますが末脚の切れが微妙
前につけて失速、というのがパターンになってしまいそうです。
その代わり稍重でも脚が鈍らないので雨が降ったら注意
良馬場では苦しいと思われます。

エーシンビーエル】牡 サクラバクシンオー×(Alydeed)
あけび賞の回顧記事は→ココ
朝日杯FS時の考察は→ココ

サクラバクシンオー産駒らしく距離は短距離に特化している模様。
1600mは少々長いですね。直線平坦な京都のほうが
中山競馬場よりは合いそうなんで朝日杯11着ほどの大敗は
しないかもしれませんがやはり苦しいと思われます。

ジャングルテクノ】牡 ジャングルポケット×(ジェイドロバリー)
朝日杯FS時の考察は→ココ

ジャングルポケット産駒らしく中山競馬場では持ち味が発揮できず・・。
朝日杯では9着と何も出来ませんでした。
末脚に切れがないので基本的に前につけて追い出すスタイルなんですが
後方に置いていかれてしまうと厳しくなってしまいます。
もしかしてもう少し距離が伸びたほうが良いのかも。
この馬も雨などで他馬の切れが鈍ったときが狙い目ですね。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック