けいけん豊富な毎日

スプリンターズS(体重別実績)  担【けん♂】

スプリンターズS(中山1200m)について見ていきたいと思います。

体重別実績:スプリンターズS(01年~:02年を除く)】
スプリンターズ体重

スプリント戦だけあって大型馬が多いですね。
500kgを超える馬が55頭、まとめると(3-3-5-44)と成績の面でも
その下の480~500kgのゾーンとほぼ同等の内容となっています。

460~480kgの馬で勝ったのは09年のローレルゲレイロ、
2着に入ったのは03年のビリーヴ、どちらも高松宮記念を制していた
GⅠ馬でした。03年、05年と3着に入っているアドマイヤマックスは
安田記念2着の実力馬、05年にはやはり高松宮記念を勝って
GⅠ馬になっています。
昨年はエーシンヴァーゴウが3着に入りましたが、牝馬ということで
2kgの斤量差があるだけに、実質的にはもう一つ上のゾーンと考えて良さそうです。
実績と性差にも注目しておきたいところ。

余程抜けた実績と実力がなければ厳しいと考えられます。

460kgを切って勝ったのは01年のトロットスター、
この馬も高松宮記念の勝ち馬です。
03年にこのレースを制して、04年、05年と2着に入った
デュランダルは・・・03年の時点ではセントウルS3着の
実績があっただけなので、判断が難しいところですが
その後の活躍は言わずもがな。
相当な実績がある、もしくは期待出来る馬に絞って良さそうです。

ちなみに06年以降で480kg以下で好走した牡馬は
ローレルゲレイロ1頭だけ。近年は出走馬全体の平均体重も
大型化傾向が見受けられ、それに伴い馬格の小さな馬は苦戦をする
傾向になってきている感じです。
ローレルゲレイロは先行馬なので不利を受けにくい脚質でしたが
差し馬に関しては揉まれてしまうと厳しい、という面もあると思われます。

実質斤量負担
スプリンターズ斤量

上記のデータを実質斤量負担(斤量÷馬体重:%)に直して
まとめてみました。

12%を超えて好走をしているのは上記の特別な実績馬。
例外的な扱いと考えて良さそうです。

好走馬は通常12%以下に絞られますが、勝ち馬に関しては
さらに11.5%以下になっているのが面白いですね。
11.5~12.0%のゾーンの出走頭数が多いだけに
勝ち切れていないというのは・・・馬券選択に使えそうです。

基本的には実質斤量負担は少なければ少ないほど良い、と
考えて良さそうです。

まとめ
・馬体重では480kgを切ると特別な馬しか好走しにくい
・実質斤量負担では12%以下が好走の目安、ただし勝ち馬に関しては
 11.5%以下に絞られる


海外からの遠征馬に関しては、現地でのおおよその馬体重と来日後の体重、
そして日本滞在後の体重の変化を追っておく必要があると思われます。
その辺りは後ほど改めて考察予定・・・。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック